• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京メディカル・スポーツ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 鍼灸師科午後コース

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウメディカル・スポーツセンモンガッコウ

東京メディカル・スポーツ専門学校 鍼灸師科午後コース

定員数:
30人

鍼灸院など現場で働きながらスポーツに強い鍼灸師に。自由度の高いカリキュラムで幅広い知識・技術を学べます

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • はり師・きゅう師

    東洋医学による療法士

    はり師は、鍼術といい一定点にはりを刺して神経を刺激、抑制して自然治癒力を活性化させる施術を行う。きゅうは漢方療法のひとつで、体の表面のつぼなどにもぐさを置いて熱し、温熱刺激を与える施術を行う。どちらも、独立して開業が可能な仕事。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

初年度納入金:2020年度納入金 135万円  (総合演習費等別途必要。ダブルライセンスの場合一部学費免除。アスレティックトレーナー専攻は費用別途)
年限:3年制

東京メディカル・スポーツ専門学校 鍼灸師科午後コースの学科の特長

鍼灸師科午後コースの学ぶ内容

スポーツ鍼灸とトレーナー技術を幅広く学び、スポーツの現場に対応できる鍼灸師に
スポーツ選手のコンディションを整えるために鍼灸治療をしたり、慢性的な痛みに悩んでいる人をケアできる「はり師・きゅう師(鍼灸師)」を育成。スポーツ医学やスポーツ鍼灸の他、テーピング・ストレッチ・トレーニングなどの知識やリハビリテーション技術も学び、スポーツ現場にも対応できる力を養います。

鍼灸師科午後コースのカリキュラム

自分のライフスタイルに合わせて学べる午後コース
午後(13:10~16:20)に通常授業を受け、午前中と放課後を自由に過ごせます。スポーツ系選択授業を取ってトレーナーを目指したり、他学科と合同の医療系選択授業で医療人としての視野を広げたり、目指す将来像に合わせて、プラスアルファの力を身につけることができます。

鍼灸師科午後コースの授業

充実のオリジナル授業・実習で、スポーツ業界で活躍できるスキルを修得!
東京メディカル・スポーツ専門学校は、オリジナル授業も充実。例えば、「はり実技」の授業で行う「スポーツ鍼灸」では、スポーツ選手の身体のケア、パフォーマンスを向上させるための技術を、しっかり身につけます。また、テーピングやストレッチングも基礎から学び、スポーツ業界で活躍できる力を身につけます。

鍼灸師科午後コースの先生

FIFA(国際サッカー連盟)のプロジェクトに選ばれた、世界で活躍するトレーナーの技を直接学べる
日本に数少ないアスレティックトレーナーマスターの資格を持ち、海外でトレーナーとして活躍してきた妻木先生やサッカーの国際大会でトレーナーとして活動する先生から、トレーナーとしてのマインドや知識・技術を学べます。その結果、現場でトレーナー活動ができ、頑張りが認められてプロチームへの就職に繋がることも!

鍼灸師科午後コースのゼミ

マンツーマンで鍼灸治療と予防のケアができるトレーナーを目指す
鍼灸師科午後コースで受講できる「CPT(パーソナルトレーナー)ゼミ」。NSCA-CPTの資格取得を目指す導入と資格対策講座です。鍼灸師として治療はもちろん、同じケガをしないためのトレーニングプログラム+指導ができるパーソナルトレーナーを目指すことができます。

鍼灸師科午後コースの制度

独自のスポーツ業界とのつながりを活かし、スポーツ業界への就職をサポート
プロスポーツ業界の求人は非公開のものが多くあり、そこで仕事をするには業界とのネットワークがとても重要になります。本校にはサッカーや水泳などの、世界大会で活躍する現役トレーナー講師が数多くいるため、独自のスポーツ業界とのつながりがあり、多くの卒業生がトレーナーの夢をかなえています。

東京メディカル・スポーツ専門学校 鍼灸師科午後コースの学べる学問

東京メディカル・スポーツ専門学校 鍼灸師科午後コースの目指せる仕事

東京メディカル・スポーツ専門学校 鍼灸師科午後コースの資格 

鍼灸師科午後コースの受験資格が得られる資格

  • はり師<国> 、
  • きゅう師<国>

鍼灸師科午後コースの目標とする資格

    BLS(CPR+AED)※心肺蘇生法技能検定

東京メディカル・スポーツ専門学校 鍼灸師科午後コースの就職率・卒業後の進路 

鍼灸師科午後コースの就職率/内定率 100 %

( 就職希望者52名 )

鍼灸師科午後コースの主な就職先/内定先

    ジェフユナイテッド市原・千葉、FC今治、サンイリオス桑井鍼灸治療院、アルドールテニスステージ幕張新都心校、HSコーポレーション、ファイテン、ソルティーロ、スカプラ鍼灸整骨院、やぎ鍼灸整骨院 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

鍼灸師科午前コース・午後コースの実績

東京メディカル・スポーツ専門学校 鍼灸師科午後コースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-16
0120-35-2930

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都江戸川区西葛西3-1-16 東京メトロ東西線「西葛西」駅から徒歩 6分

地図

 

路線案内


東京メディカル・スポーツ専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る