• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京メディカル・スポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 高野 彰弘さん(柔道整復師科午前コース/柔道整復師)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウメディカル・スポーツセンモンガッコウ

「痛みがなくなった」と言われることが嬉しい!

先輩の仕事紹介

鍼灸接骨院と社会人アメフトチームを掛け持ち。トレーナーとして飛躍したい!

柔道整復師
柔道整復師科II部(現・柔道整復師科)/2015年3月卒
高野 彰弘さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、週5日はゼロスポ鍼灸・接骨院に出勤し、1日は社会人アメフト一部リーグの「BULLSフットボールクラブ」のトレーナーとして、選手のケアを行っています。接骨院には、日常生活や仕事を通したケガや痛みを持つ方が来院されますし、アメフトチームでは、練習やプレー中にケガをした選手の治療や処置などが中心。まったくアプローチが異なるように思われるかもしれませんが、共通しているのは相手に安心してもらうということ。痛みがある状態は、体にも心にも負担がかかっています。そのときに、自分の技術と知識を発揮して治療し、出来る限りいい状態で送り出したいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校からアメリカン・フットボールをはじめ、大学でも続けていました。しかし、肩の脱臼など度重なるケガに苦しみ、選手を続けることは断念。企業に就職し、働いていました。そんなとき、大学の後輩が柔道整復師の学校に通いながらトレーナーをしていることを知り「医療という分野からスポーツに関わることができるんだ!」と気づき、働きながら学び、柔道整復師の資格取得も目指すことができるTMSに入学。会社を辞め、整骨院で仕事をしながら学校に通いました。もちろん不安はゼロではありませんでしたが「なんとかなる!」という前向きな気持ちと、もう一度大好きなアメフトに関われたら…という思いで一念発起しました。

安心して身体を任せていただけるように心がけています

学校で学んだこと・学生時代

TMSは僕と同じようにスポーツトレーナーを目指している学生も多く、モチベーションの高い環境がとても刺激になりました。中でもやっておいてよかったと感じているのが、トレーナーの技術を磨くことができる「トレーナークラブ」です。これは、スポーツトレーナーを目指す学生を対象としたもので、サッカー、水泳、陸上競技など、プロスポーツの現場の第一線で活躍されている先生方に直接教えていただけるというのが最大のメリット。テーピングやストレッチといった基礎に加え、現場でのノウハウを学ぶことができました。そこで、憧れと同時に「自分もこうなりたい!」という思いがより強固なものになったと感じます。

在学中からプロの現場を経験できたことが財産です

高野 彰弘さん

ムーヴアクション(株) ゼロスポ鍼灸・接骨院 勤務/柔道整復師科II部(現・柔道整復師科)/2015年3月卒/高校・大学とアメリカン・フットボール部に所属。大学卒業後は営業職として企業に就職するものの「スポーツに関わりたい」という思いから再進学を決意し、TMSへ。整骨院で仕事をしながら通学し、休日はアシスタントトレーナーとして関わるアメフトXリーグ(一部リーグ)「BULLSフットボールクラブ」で現場経験を積む。開業シミュレーションの授業で講師を務めていたムーヴアクション(株)に魅力を感じて入社。週5日は東京・西葛西のゼロスポ鍼灸・接骨院に勤務し、1日はアメフトチームへ帯同している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京メディカル・スポーツ専門学校(専修学校/東京)