• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京メディカル・スポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 前鶴 洋さん(理学療法士科II部/スポーツトレーナー)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウメディカル・スポーツセンモンガッコウ

世界で戦える選手を育成していきたい!

先輩の仕事紹介

未来のサッカー界を担う子どもたちの、成長と身体づくりをサポートすることが使命!

スポーツトレーナー
理学療法士科II部/2016年3月卒
前鶴 洋さん

この仕事の魅力・やりがい

千葉県幕張を拠点とするユースチーム「SOLTILO FC」のフィジカルコーチ兼トレーナーとして、体の使い方や動きのコーチングからケア、リハビリなどを担当しています。担当しているのは育成世代なので、大人とは違うアプローチで体の基礎を作っていくことが重要になります。成長痛との付き合い方から、水分や栄養補給のタイミングなども含めて、地域のドクターと連携した体の管理を数値的に、そして科学的に捉え、彼らの成長を支えられることに対しては大きなやりがいを感じます。クラブチームの中から一人でも多くプロ選手を輩出したり、サッカーを長く楽しんでほしいなと思います。いずれは自分も、さらに大きな舞台に挑戦してきたいです!

学校で学んだこと・学生時代

都内の高校のサッカー部でトレーナー兼事務スタッフとして働いていましたが、リハビリなどにおいて医学的な知識の必要性も感じ、東京メディカル・スポーツ専門学校の理学療法士科に入学しました。昼は仕事、夜は学校という生活は決して楽ではありませんでしたが、同じ夢を目指す仲間の存在は何よりもの励みでした。スポーツのように勉強もセンスがある人はいますが、自分は量をこなして覚えていくタイプ。授業以外にも、休日や空き時間を見つけてはコツコツと勉強しました。そんな姿を見ていてくださったのか、プロの現場で活躍する先生に紹介していただいて、専属で働くことが実現。TMSには感謝しかありません。

基礎練習から選手と一緒に体を動かします

業界ココだけ話!

表舞台に立つのは選手であり監督。その点トレーナーは黒子であり、「トレーナーの“せい”はあるけど、トレーナーの“おかげ”はない」という考えを徹底して持っています。リハビリを通して実戦に復帰できたり、マシントレーニングなどによってフィジカルが強くなったというのはありますが、「今」はもちろん「将来」も見据える必要があるので、その土台をよりよいものにしていくようにすることが私の勤めだと考えています。ただ、体の構造というのは非常に面白く、骨や筋肉という表側だけではなく、体の中に目を向けて食事やトレーニングをしていくと変化が著しいことも特徴。そういったことを彼ら一人ひとりに伝えてあげたいですね。

選手一人ひとりと関わりながら体の状態を把握

前鶴 洋さん

SOLTILO FC所属/理学療法士科II部/2016年3月卒/漠然と進学した大学。しかし、「小学校からずっと熱中してきたスポーツに関わる仕事をしたい」と考え、一念発起。スポーツトレーナーを目指し、姉妹校の東京スポーツ・レクリエーション専門学校でATの資格を取得。その後、東京メディカル・スポーツの理学療法士科II部へ。昼は都内の強豪高校のサッカー部でトレーナー兼事務スタッフとして働き、夜は学校で学んだという。卒業後はATと理学療法士のWライセンスを活かし、中・高校生のクラブチーム「SOLTILO FC」のトレーナー兼フィジカルコーチとしてU15・U18を担当。欧州のサッカーに触れるなど、海外を身近に感じられる環境で強化を進めている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京メディカル・スポーツ専門学校(専修学校/東京)