• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京メディカル・スポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 犬飼 耕平さん(理学療法士科I部/理学療法士・スポーツトレーナー)

選手を支える仕事がしたくてスポーツトレーナーの道に

先輩の仕事紹介

スポーツ選手から一般の患者様まで。一人でも多くの方を良くできる理学療法士に!

理学療法士・スポーツトレーナー
理学療法士科I部/2017年卒
犬飼 耕平さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

理学療法士は本当にやりがいのある仕事。患者様が日に日に回復していく姿をみるのは本当に感動しますし、もっと頑張ろうと思わせてくれます。現在はクリニック勤務の傍らプロフットサルチーム「バルドラール浦安」と契約。試合のある土日には、試合前のテーピング、ウォーミングアップの指導のほか、ケガをした際の応急処置なども行っています。私が担当している選手たちは、これからプロを目指す2軍チーム。そのためプロになるための心構えや、ケガをした際の精神面など、メンタルに関するサポートも行っています。試合がある日だけのサポートとはいえ、チームの一員として選手たちに頼りにされることは嬉しく、やりがいはとても大きいです。

分野選びの視点・アドバイス

高校まではJリーグチームのジュニアユースチームに所属。とはいえプロに行けるような力はなく、将来は「選手を支える立場になりたいな」と考えていました。出身地である長野県内には理学療法士やトレーナーになるための養成校がほとんどなく、当初から首都圏の学校を志望していました。選手時代に腰を痛めたのですが、実はその際にリハビリを担当してくれた方がTMS出身。学校について様々なアドバイスをいただくとともに、TMSのオープンキャンパスにも何度か足を運びました。スポーツの現場をよく知る先生がたくさんいること、そしてスポーツ業界にたくさんの先輩がたを輩出しているTMSなら安心して学べると思い、入学を決めました。

しっかりとテーピング。ケガ予防や運動をサポート

学校で学んだこと・学生時代

テスト前や国家試験前、クラスメイトと互いに励まし合いながら必死で勉強していた日々を懐かしく思い出します。当初「好きなことを学ぶのだから勉強もさほど大変ではないだろう」と思っていましたが、現実はそう甘くはありませんでした(笑)。何しろ高校まではサッカー一色で、ほとんど勉強をしていなかったので、最初は授業についていくだけでも精一杯。なかでも座学は覚えることが多く苦労しました。それでも学びのコツがつかめてくると「わかる」ことが増えていき、勉強そのものが楽しくなってきたんです。また、テーピングなど実践的な授業が多いので、将来の仕事に直結するスキルが身についていくことが実感できてとても嬉しかったです。

ウォーミングアップの指導をしながら動きもチェック

犬飼 耕平さん

らいおんハート内科整形外科リハビリクリニック 勤務/理学療法士科I部/2017年卒/東京メディカル・スポーツ専門学校卒業後、総合病院勤務を経て現在の「らいおんハート内科整形外科リハビリクリニック」へ。メディカルスポーツ部門で理学療法士として働く傍ら、休日はフリーランスとして契約するフットサルチームのトレーナーを務める。何よりもコミュニケーションと信頼関係の構築を大切にしていると語る犬飼さん。「理学療法士やトレーナーは、スポーツの現場に欠かせない仕事。専門学校で学び手に職をつけることで、活躍の場がたくさんあります。スポーツが好きで人の役に立ちたいという想いがあれば大丈夫!」(撮影協力:バルドラール浦安)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京メディカル・スポーツ専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT