• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪保健医療大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 東村 圭さん(保健医療学部 リハビリテーション学科理学療法学専攻/理学療法士)

経験を積み、資格を増やして、いつかは大学の先生に!

先輩の仕事紹介

専門職になれたことに満足せず、さらなる資格取得でステップアップを目指します!

理学療法士
保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻/2015年3月卒業
東村 圭さん

この仕事の魅力・やりがい

理学療法士として、急性期病院内のリハビリテーション部で患者様のリハビリを担当しています。心身ともに傷を負った方が、元気に過ごしていた時の身体の機能を取り戻すために何が必要かを探り、そのための訓練やケアを提供するのが私の仕事です。この仕事の魅力は、たとえば入院中の患者様を部屋まで迎えに行ったときに、「待ってたよ!」と、喜んでもらえたりすること。「私のことを心のより所にしてくれているんだ」と思うと嬉しくて、リハビリにも熱が入ります。また、私が担当した患者様が、退院後に元気に歩く姿を見せに来てくれることがあるのですが、自分が持つ知識や技術が役に立ったのだと思うと誇らしくて、やりがいを感じますね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

部活で運動に励んでいた高校生の時に「将来は、大好きなスポーツに関わる世界で働きたい」と思っていました。人の体にも興味があったので、選手ではなく、サポートする側のスポーツトレーナーを目指すことに。しかし、調べてみると、トレーナーとしてスポーツ業界で活躍できる人はほんの一握り。自分の考えの甘さを思い知らされました。そんな時に、部活の顧問の知人で、実際にトレーナーをされている方から「サポートの現場を広く大きく見ている人のほうが、後々重宝される。理学療法士という仕事はどうか」とアドバイスをもらいました。母親も理学療法士の仕事を知っていて応援してくれたこともあり、大学で勉強して資格を取ることにしました。

マナーや言葉使いにも気を付けています

これからかなえたい夢・目標

理学療法士は資格を取得して終わりではなく、専門分野を究めていくことが重要です。私は、もともと興味があった運動器方面に強くなろうと、「運動器認定理学療法士」という資格を目指すことにしました。骨関節疾患についての知識を深める勉強をしたり、教科書を読んだり、資格取得のための勉強会に行ったり、空き時間を利用して勉強に取り組んでいます。それと同時に、今はまだ現場では一流とは言えないので、まずは現場での仕事を高いレベルでこなせるようになること。その次は、人にしっかりと指導できるようになること。そしていつかは、自分が教わった先生方にも負けないような魅力的な大学教員になることが、一番の目標です。

最適な治療計画を立てるのも私たちの仕事です

東村 圭さん

医療法人医誠会 医誠会病院 リハビリテーション部/保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻/2015年3月卒業/高校時代から、将来はスポーツに関わる仕事に就きたいと希望していた東村さん。スポーツ分野のリハビリテーションに力を入れていた大阪保健医療大学を進学先として選択しました。大学在学中は、先生が参加していたスポーツ現場のボランティアに同行し、アイシングなどのサポートを経験しました。卒業後も同じボランティアを続けていて、今は理学療法士としてプロの治療に関わっています。今後もさらにレベルを上げて、職場ではもちろん、スポーツの現場でも、理学療法士の技術を役立てていきたいと考えています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪保健医療大学(私立大学/大阪)