• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪保健医療大学
  • 先生・教授一覧
  • 佐藤 睦美 教授(運動器系理学療法学/理学療法士)

こんな先生・教授から学べます

動作の解明から、スポーツでのケガを防ぐ先生

運動器系理学療法学/理学療法士
保健医療学部 リハビリテーション学科理学療法学専攻
佐藤 睦美 教授
先生の取組み内容

スポーツで多い膝のケガは、どうして起こるのでしょうか。相手選手との衝突以外では、着地や方向転換などの動作が原因になっていることがよくあります。その結果、じん帯を損傷し手術に至ると、復帰するまでに長時間かかることも珍しくありません。私は、ケガの予防をめざし、膝をはじめとする下肢の運動に着目し、どのような動作が下肢の負担になり、ケガにつながるのかを研究しています。また、スポーツ現場での活動もライフワークのひとつ。テニスやフィギアスケートなどの各種大会や、将来の日本代表選手を発掘し育成するトレセンでのサポートを行っています。スポーツ分野の理学療法士にとって、選手の競技に対する想いを受けとめることも重要な役目。選手に寄り添い、結果が出せるケアやサポートのカタチを実現したいです。

授業では、動作のメカニズムをわかりやすく解説

授業・ゼミの雰囲気

ゼミではスポーツの現場を体感。誰かの役に立つ喜びを実感しながら、理学療法士としての心構えを学ぶ

佐藤先生の授業の特徴は、座学と実技がバランスよく行われていることです。知識と技術を関連付けて学ぶことができ、将来につながる確かな力が身につきます。ゼミでは、スポーツの現場に出向き、選手のサポートの一部を担当する機会も。「知識や技術がまだ未熟であることは仕方ありませんが、現場では学生であっても専門スタッフと同じような立ち居振る舞いが求められます。理学療法士としの心構えや使命感などを学んでほしいです。また、現場で『ありがとう』と言ってもらえる嬉しさをぜひ感じてもらいたいです」。

現場の雰囲気や選手の反応などを直接感じて学びます

キミへのメッセージ

理学療法士をめざすなら、2つの気持ちを大切に!

「理学療法士になりたい」という気持ち、そして「誰かの力になりたい」という気持ちを持ち続ければ、きっとゴールにたどり着くことができます。私たち教員も皆さんの夢を全力でサポートします。

将来は共に理学療法士としてスポーツを支えましょう!

佐藤 睦美 教授

臨床現場でケガや術後のリハビリテーションに携わる一方で、幅広いスポーツの現場でも活躍。硬式テニスのジュニア大会や、フィギアスケートの大会、トレセン(強化選手育成システム)などにおいて、トレーナーとして出場選手のケアやサポートを担当している。知識や技術だけでなく、理学療法士に求められる立ち居振る舞いや態度、患者さんや選手への寄り添い方なども指導している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪保健医療大学(私立大学/大阪)
RECRUIT