• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 玉成保育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 安部 あやかさん(保育専門課程 保育学科/保育士)

子どもたちへの絵本の読み聞かせは毎日の日課

先輩の仕事紹介

子どもの成長を見守れるのが保育士の醍醐味。保護者の方々と喜びを共有できるのも嬉しい

保育士
保育学科/2019年3月卒
安部 あやかさん

この仕事や研究の魅力・やりがい

今は3・4・5歳児のクラスを受け持っています。子どもたちの成長は驚くほど速く、私たちが伝えたことをどんどん吸収します。前年にできなかったことができるようになるのを見ると、「この仕事をやっていてよかった!」と実感。それを保護者のみなさんにも報告して、パパやママと一緒に喜びを分かち合えるのも嬉しい瞬間です。お預かりしている子たちにとって、保育園はおうちみたいなもの。できるだけ伸び伸びと遊んでもらい、その様子をしっかり見守るようにしています。保護者の方から子育てのご相談を受けることも多いのですが、そんなときは保育園でその日1日頑張ったことなどをお伝えして、お悩み解消に役立ててもらっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

自分自身が子どもの頃から小さい子が大好き。1歳年下の弟がいるのですが、赤ちゃんだった弟のお世話も楽しんでやっていました。仕事として考えるようになったきっかけは、中学2年のときの職業体験です。地域の方々との交流も兼ねて、さまざまな職場で半日だけお仕事を体験できる授業が行われました。スーパーや農家などの候補があった中で、私が選んだのは保育園。そこで保育士さんが働く姿を見たり、実際に子どもたちと触れ合ったりして、あらためて素敵な仕事だなと感じ、将来の職業として目指すことになりました。

保育園の名前にちなんで、木製のおもちゃがたくさん!

学校で学んだこと・学生時代

2年制で保育士と幼稚園教諭の資格を取得できることに魅力を感じて、玉成保育専門学校を選びました。1学年1クラスの少人数制だったので、クラスメイトは全員顔見知りで、みんなととおしゃべりできる環境。合奏やグループワーク、季節のイベントなどにも楽しく参加できました。実践的な授業が多かったことも、学校選びの決め手でした。在学中に学んだピアノの演奏、手あそび、わらべうたなどは、今の仕事で実際に活用しています。座学で役立っているのは子どもの心理学の講義。子どもと接しているとき、その子がどんな気持ちでいるのかを推測する参考にしています。

オルガン演奏は得意。在学中に弾けるようになりました

安部 あやかさん

社会福祉法人けいわ会 杉並の家けやき保育園/保育学科/2019年3月卒/東京都出身。高校卒業後、2017年に玉成保育専門学校に入学。2019年に卒業し、杉並の家けやき保育園に入社。現在は3~5歳のクラスで26名を担当。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

玉成保育専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT