• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 中和医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 綾花さん(柔道整復科/柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師)

この仕事の醍醐味は、患者さまを笑顔にできること。

先輩の仕事紹介

接骨院を開業後も訪問マッサージを続けているのは、患者さまの笑顔が嬉しいから。

柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師
柔道整復科/2011年卒
佐藤 綾花さん

この仕事の魅力・やりがい

自宅の接骨院と並行して、介護施設で訪問マッサージも行っています。ご高齢の方が多い介護施設での施術は、どちらかというとこれ以上機能が衰えないように「現状維持」をめざすことになります。なかにはもうお話もできなくなっている患者さまもいて、施術者としてはつらいときもあるのですが、私の顔を見てニコニコしてくれたり、認知症の患者さまが私のことを覚えてくれていたりと、嬉しいことも多いです。施術中は、さみしい気持ちを癒してもらえるようにコミュニケーションを大切にしています。「あなたといると元気になれるよ」とおっしゃってくださった患者さまの言葉は忘れられません。だから、開業後も訪問マッサージを続けているのです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私が中学生のときに父が中和医療専門学校であん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の資格を取得し、転職しました。そんな父の働く姿を見て、やりがいのある仕事だなと感じたのがきっかけです。手に職をつけたいという希望もあったので、父と同じ道に進もうと決めました。そこで、将来的に父と開業することも視野に入れて、まずは父が持っていない柔道整復師の資格を取得。卒業後、再び中和医療専門学校に入学し、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の資格も取りました。2019年2月に、念願かなって父と鍼灸接骨院を開業してからは、これら4つの国家資格を活かして患者さまに合わせた施術をしています。

自宅の接骨院では、柔道整復術でケガの施術もします。

学校で学んだこと・学生時代

最初に入学した柔道整復科では、西洋医学の知識をベースに実習でさまざまな手技を身につけます。柔道の授業では初めて柔道着を着ましたが、校内の柔道大会で表彰されるくらいになれて、楽しかったです。もちろん国家試験対策も充実していて、先生方が熱心に指導してくださいました。再入学したあん摩マッサージ指圧・はり・きゅう科(本科)では、柔道整復科で修得した知識が役立ち、比較的楽に学ぶことができました。特に印象的だったのは、特別講座で学んだ美容鍼です。実際に自分で受けてみて効果を実感できたので、今後自分の接骨院でも美容鍼やオイルマッサージなど美容系のサービスに積極的に取り組んでいこうと思っています。

4つの資格すべて取れるから、中和医療がおススメ!

佐藤 綾花さん

ここのえ鍼灸接骨院/柔道整復科/2011年卒/愛知県立惟信高校を卒業後、柔道整復師をめざして中和医療専門学校に入学。2011年に柔道整復科を卒業すると同校のあん摩マッサージ指圧・はり・きゅう科(本科)に再入学。2014年、同科卒業。訪問マッサージの会社で臨床経験を積む。2019年2月、同じ中和医療専門学校卒業生の父とともに鍼灸接骨院を開業。いまも介護施設への訪問マッサージは継続している。「私は柔道整復科を卒業してから本科に入りましたが、柔道整復科の夜間部と本科に同時入学すれば最短3年で4つの国家資格の受験資格が得られますよ」と、佐藤さん。モットーは、科学的なエビデンス(根拠)を大切にした施術だと語ります。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

中和医療専門学校(専修学校/愛知)