• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 中和医療専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 福岡 治先生(柔道整復学)

こんな先生・教授から学べます

自然治癒力を高める柔道整復術を教える先生

柔道整復学
柔道整復科 
福岡 治先生
先生の取組み内容

中和医療専門学校には、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の仕事を目指せる学科があります。私もこの学校でこれら4つの国家資格を取得し、いまは柔道整復科で柔道整復術が扱うケガなどの症状や発生の仕組み、柔道整復術による治療法を教えています。私にとって柔道整復術の魅力は、患者さまと二人三脚で回復を目指せること。そのために自然治癒力を引き出すことに力を注いでいます。また、学校での授業と並行してトレーナー活動もしており、ケガをしにくい体づくりや練習メニューのアドバイスなども行っています。効果がダイレクトに現れるとやりがいを感じますし、反対に予想通りに回復しなかったときに、どこに原因があるのか、どうしたら回復するのかを考えるのも、謎解きをするようで楽しいです。

骨格模型を使い、体の構造をわかりやすく解説します。

授業・ゼミの雰囲気

全員の理解度に合わせて進められる授業はもちろん、授業後のサークルでも楽しく積極的に学ぶ姿が印象的。

福岡先生が担当する「柔道整復実技II」では、包帯固定の基本的な手技を身につけるため、あえて取り扱いの難しい綿の包帯を使用。授業では必ず前の週の授業の振り返りをして全員の理解度に合わせて進められます。学生から積極的に質問する場面も多く、この学校の魅力のひとつである「教員と学生の距離の近さ」が、授業中にも感じられました。また、福岡先生が中心になって立ち上げた授業後のサークルでは、スポーツトレーナーを目指す人など多くの学生が、楽しみながらさまざまなトレーニングを実践で学んでいるそうです。

包帯の巻き方を伝授する福岡先生。少人数で行われ、全員が理解できるまで丁寧に指導しています。

キミへのメッセージ

柔道経験の有無より、人の体に対する興味があるか。それが重要です。

資格の名称から柔道経験を気にする人がいますが、授業では受け身等の基礎から始めるので運動の苦手な人でも大丈夫です。それよりも筋肉や関節など人の体に興味があることがこの仕事を目指す上で最も重要な素質です。

「常に患者さま目線で考えられる人材を育てたい」と語る福岡先生。

福岡 治先生

小学校から高校まで陸上に打ち込んでいた福岡先生。高校3年生の引退試合を控えた時期に右脚に大けがをしてしまうが、接骨院に通って一度はあきらめた引退試合出場をかなえた経験をもつ。大学生となり就職活動をするなかで柔道整復師を志し、大学卒業後、中和医療専門学校の柔道整復科へ入学。2011年、卒業と同時に同校のあん摩マッサージ指圧・はり・きゅう科に再入学し、2016年より現職。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

中和医療専門学校(専修学校/愛知)