• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 横浜美術大学
  • 先生・教授一覧
  • 西尾 巧 教授(映像デザイナー)

私立大学/神奈川

ヨコハマビジュツダイガク

こんな先生・教授から学べます

アニメーションの多彩な表現法を教えてくれる先生

映像デザイナー
美術学部 美術・デザイン学科
西尾 巧 教授
先生の取組み内容

アニメーションコースは、2018年4月からスタートする新設のコースです。コンセプトは3つ。1つめは「美大で学ぶアニメーション」。美術大学というアカデミックな美術環境の中でアニメーションを学ぶ意味を重要視しています。2つめは「基礎から徹底的に学ぶ」。例えば、ドローイングアニメーション、映像をデザインし表現するモーショングラフィックス、ジオラマなどを使ったコマ撮りアニメーション、VR、AR等仮想空間でのアニメーションなど数多くのアニメーションの手法を基礎から学び、自然にスキルが身に付くカリキュラムを用意しています。3つめは「何かの真似で終わらせない自己表現」。何事も最初は真似から入りますが、そこから「自分の表現とは何か」を追求し、自己表現を確立させクリエイターとして羽ばたけるように力を入れます。

学生たちと企画からプロジェクトを立ち上げ、社会に発信することにも挑戦していきたいですね

授業・ゼミの雰囲気

和気あいあいとした雰囲気の中、プロの厳しさや実体験の重要さも学ぶ

授業はキャンパス内だけでなく、キャンパスを飛び出して、美術館の見学や、街歩きなど実体験から得られる創造力やそれをテーマにしたディスカッションも大事にする西尾ゼミ。また、手作りジオラマのコマ撮りなどアナログ的な手法からVR・ARなどの最先端デジタル技術まで幅広いカリキュラムが用意されています。西尾教授は、NHK「連続テレビ小説 梅ちゃん先生」のオープニングムービーなどを手掛けた凄腕の映像デザイナーにも関わらず、学生たちとは仲間づきあいのような関係で気さくな触れ合いも魅力です。

教授と学生との距離が近いからこそ、学べるものも大きいと思います

キミへのメッセージ

私と一緒に新しいアニメーションの世界を創っていきましょう

アニメーションは表現の可能性が無限にある世界です。美大でアニメーションを学ぶ魅力はその無限の表現にチャレンジできることでしょう。ぜひ、私と一緒に新しいアニメーションの世界を創っていきませんか。

先生へ依頼されたプロジェクトを、学生たちが手伝う体験もあり、大きな自信と成長につながる

西尾 巧 教授

【専門分野】映像デザイン 1968年東京都生まれ。1994年東京藝術大学大学院修了、NHKにて美術・映像デザイナーとして勤務の後、フリーとして独立。主に、TVオープニングタイトル、CG、アニメーションなどのデザインを手掛る。2015年横浜美術大学教授に就任。2018年アニメーションコース教授。主なオープニングタイトル作品は、NHK「連続テレビ小説 梅ちゃん先生」「N響アワー」「芸術劇場」等。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

横浜美術大学(私立大学/神奈川)