• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • ヤマザキ動物看護大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 杉田 雄紀さん(動物看護学部 動物看護学科/動物看護師)

大学時代に学んだ全てが今に活きています

先輩の仕事紹介

飼い主様を笑顔にしたい!二次診療の現場で動物看護師の私ができること

動物看護師
ヤマザキ学園大学(現 ヤマザキ動物看護大学)動物看護学部 動物看護学科/2017年3月卒
杉田 雄紀さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

犬と猫を専門に二次診療と夜間救急診療を行う動物病院で、私はICU科と外科に所属しています。ICU科では、入院動物の食餌、投薬、検温、散歩等といった管理や、面会にいらした飼い主様に入院動物の様子をお伝えする仕事をメインに行っています。外科では手術中の器具出しや採取した腫瘍の管理、出血量の計量等を行っています。大学で学んだ動物看護の知識や技術はもちろん、飼い主様との接し方や気持ちの察し方は、動物へのケアと同じくらいとても大切です。少しでも飼い主様が笑顔になってくれるよう、動物看護師である私自身ができることを考え、行動するよう心掛けています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

「動物が好き」「医療にかかわりたい」という思いから、動物看護師の道を選びました。この動物病院には男性の動物看護師が6名在籍し、10年以上のキャリアを積まれている方もいます。自身のキャリアやスキルアップの目標となる先輩が身近にいることはとても刺激を受けますし、自身の成長にも繋がっています。

入院している動物たちの管理も動物看護師の役目

学校で学んだこと・学生時代

実習授業が多いので、動物看護の力がしっかり身につきました。動物医療の現場では、動物看護師が診察・治療をすることはありませんが、獣医師が何の目的で器具を使い、どのように処置しているのかを理解することができるので、その後の対応をスムーズに進めることができています。また、動物医療に関する知識だけでなく、飼い主様との接し方や言葉遣い、気持ちの察し方なども学生時代に学ぶことができたので、人間的にも成長できたと感じています。

杉田 雄紀さん

公益財団法人 日本小動物医療センター勤務/ヤマザキ学園大学(現 ヤマザキ動物看護大学)動物看護学部 動物看護学科/2017年3月卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

ヤマザキ動物看護大学(私立大学/東京)
RECRUIT