• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京スイーツ&カフェ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 石倉 愛さん(スイーツパティシエ科/パティシエ(洋菓子職人))

クリームがうまくいくと、とっても嬉しいんです!

先輩の仕事紹介

「おいしい!」という笑顔がこの道に進んだキッカケ。仕事に充実感を感じる毎日です!

パティシエ(洋菓子職人)
スイーツパティシエ科 パティシエ専攻/2014年3月卒
石倉 愛さん

この仕事の魅力・やりがい

レストランのパティシエとして、デザートの飾り付けやお皿への盛り付け、デザートに使う素材の準備などを担当しています。職場を明るくよい雰囲気にするために、コミュニケーションは大切にしています。特に、私たちパティシエが作ったデザートをお客様へ運ぶサービスのスタッフとの関係は重要。この連携がうまくいかないと、お客様への提供がスムーズにできないんです。クリームがきれいに作れたり、お誕生日プレートのメッセージをうまく書けたりしたときには充実感が得られます。パティシエという仕事にやりがいを感じる瞬間でもあります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

母がお菓子を作るのが好きだったこともあり、5歳くらいからお菓子作りをはじめました。家族の誕生日ケーキやクリスマスケーキなどは、母と一緒に手作りすることが多かったですね。バレンタインには、父と兄に手作りのチョコレートやクッキーをプレゼントしました。自分の作ったお菓子を「すごくおいしいね!」と、喜んで食べてもらえることがとても嬉しかったんです。それがきっかけで、パティシエの仕事にあこがれを抱くようになりました。今はレストランのパティシエをしていますが、将来はお菓子教室の先生になりたいと思っているんですよ。お菓子が大好きな人たちと触れあいながら、直接作り方を教えられたらいいな、と思います。

学校で学んだ基礎が活かされています

学校で学んだこと・学生時代

在学中は、基礎的な技術を徹底的に学べました。ショートケーキやウェディングケーキを作る過程では、ゴムベラでケーキにクリームを塗っていく作業が難しく、はじめのうちはムラができてしまったり、スポンジがうまく隠れなかったり。うまく塗るコツも先生によって違うので、自分に合うやり方を探して、その先生の手元を集中して見つめていました。言葉で表現するのは難しかったので、ノートをとるのではなく頭に叩き込んで覚えましたね。中でも、クリームの絞り方を学んだことは、とても役立っているんです。力加減と絞り方が難しくて苦労する作業で繊細な技術が必要ですが、絞り袋の使い方など基本的なことを身につけておいてよかったです。

一人前になるため、しっかり経験を積みたいです!

石倉 愛さん

パレスホテル東京 勤務/スイーツパティシエ科 パティシエ専攻/2014年3月卒/オープンキャンパスに参加したときの、自由で明るい校風に惹かれて東京スイーツ&カフェ専門学校へ入学を決めたという石倉さん。当初は、「専門学校は勉強が忙しくて大変」というイメージがあり、不安を感じていたそう。そんな不安を素直に相談したところ、先輩からもらった「忙しい分、毎日がとても充実しているから、大変と感じたことは一度もないよ」「楽しい行事で息抜きもできるよ」という言葉に勇気づけられ、進学を決意。「『楽しみながら技術を学びたい』と考えていた自分にぴったりだと思いました!」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
東京スイーツ&カフェ専門学校(専修学校/東京)