• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • ミス・パリ・ビューティ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 金子 彩乃さん(トータルビューティ学科 ビューティセラピストコース/エステティシャン)

エステの仕事は、自分の「美」とも向き合える仕事です

先輩の仕事紹介

「美」は、心身の美しさはもちろん、健康、そして人生を豊かにします

エステティシャン
トータルビューティ学科/2018年卒
金子 彩乃さん

この仕事の魅力・やりがい

銀座ミス・パリ内にある「WASPA」のエステティシャンです。「WASPA」は、日本独自の和のおもてなしとエステティック技術を提供するメイド・イン・ジャパンのスパ。外国からのお客様もたくさんいらっしゃいます。仕事内容は幅広く、施術はもちろん、接客、掃除、さらには、お茶をたててお出ししたり、生け花なども私たちエステティシャンが行います。高い技術・教養が欠かせない仕事ですが、「美」を通してお客様のお顔やお身体、そして心や人生までもが美しく変化していく様子をともに共有し、喜ぶことができる素晴らしい仕事だと実感しています。施術を終えた後のお客様の笑顔と「ありがとう」という言葉は、私にとっての宝ものです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃から親戚の人たちの肩もみをすることが好きで、「ありがとう」「楽になった」と言われると本当に嬉しく思っていました。高校時代にメイクなどの「美」に興味を持ってからは、肩もみなどの「施術」と「美」のどちらにも共通する仕事って何だろうと考えるようになり、エステティックの仕事に出会ったのです。専門学校を選ぶ際は7校のオープンキャンパスに参加。そのなかで、カリキュラム、雰囲気ともに最も私に合うと実感したのがミス・パリでした。エステティックは美容関連の仕事の一部ととらえる学校が多いなか、ミス・パリの場合は、エステティシャンになるための学びに特化したカリキュラムが組まれていたことが大きな魅力でした。

青竹を使用した青竹セラピーは、人気の施術のひとつ

学校で学んだこと・学生時代

ミス・パリでの学生時代は、理論、技術、接客など、今の仕事に必要とされるものをすべて学ぶことができました。華道や茶道の授業もあり、作法からマナーに至るまでしっかりと身につけたことが、日々の仕事で活かされています。また、資格試験やコンペティションに挑戦する機会もたくさん。なかでも忘れられないのが、ビューティコンペティションへの参加です。1年次は入賞すらできませんでしたが、その悔しさをバネに練習し、2年次の2018年には「学生ボディ部門」で優勝。何かに向けて努力することの大切さを学びました。エステティックの技術は「身体で覚える」ことによって向上することを実感。そして身についた技術は必ず自分の糧になります。

和に囲まれた、やすらぎの空間のなかで接客します

金子 彩乃さん

株式会社ミス・パリ 勤務/トータルビューティ学科/2018年卒/トータルビューティ学科卒業後に、よりエステティシャンとしての技術を高めるためにエステティックマスター学科に進学。本校卒業後は株式会社ミス・パリに入社。銀座のサロン「ダンディハウス」を経て、2019年12月より、同法人内の「WASPA」でエステティシャンとして活躍。入社1年目ながら、顧客、同僚からの信頼も厚い。「男性専門のダンディハウスで施術を行ったことで、男女のお客様に対する力加減のノウハウも学びました」。趣味は旅行。「先日は台湾に行ってきました。その国特有のスパを体感することで学ぶこともたくさん。こうした経験もどんどん仕事に役立てていきたいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

ミス・パリ・ビューティ専門学校(専修学校/東京)