• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都華頂大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 高宮 蓮華さん(現代家政学部 現代家政学科児童学専攻/小学校教諭(京都市))

私立大学/京都

キョウトカチョウダイガク

子どもたちと時間を共有し自分も一緒に成長できる仕事

先輩の仕事紹介

担任として、子どもたちの日々の成長をじっくりと見守れることがやりがい

小学校教諭(京都市)
現代家政学部 現代家政学科 児童学コース(現 児童学専攻)/2015年卒
高宮 蓮華さん

この仕事の魅力・やりがい

小学校教諭の魅力は、1年間かけて、クラス(学級)を責任持って運営していくことにあると思います。ほとんどの教科を担任が行うので、その責任はとても重くなります。でも、子どもたちと一緒の時間を過ごし、日々の成長をとても近くで見ることができますし、こちらが情熱を持って子どもたちに寄り添えば、その思いの分だけ、子どもたちにも響くので、とてもやりがいがあります。今は大好きな子どもたちと日々接し、喜びや悲しみなど、色々なことを一緒に共有しながら、自分も充実感を得られる小学校教諭になって、本当に良かったと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

実は私は元々保育士志望で京都華頂大学に入学しましたが、元小学校教諭で経験豊富な先生との出会いが私を変えました。その先生はとても厳しくて、でもそれ以上に愛情深い方で、ご自身が経験したことを交えて、小学校の魅力やこの時期の子どもたちがどんなことを考え、どのように成長していくのかなど、色々なことをたくさん語ってくださいました。そんな魅力的な先生のお話を日々聞く内に、自然と私も子どもたち一人ひとりの成長を1年間かけて見守る学級運営に興味が深まり、小学校教諭への憧れを抱くようになりました。そして、今、小学校の教員として教壇に立っています。

小学校教諭になるという夢が実現し、毎日が充実

学校で学んだこと・学生時代

京都華頂大学で印象に残っている思い出は、教員採用試験に向けて仲間と一緒に勉強に励んだことです。小学校教諭になるという同じ夢を持った仲間とお互いに励まし合いながら、競い合い、時には悔し涙を流すくらいがんばり抜いた経験は、今も辛い時や苦しい時の励みになっています。また、一緒にがんばった仲間たちだけでなく、親身になって指導してくれた先生との絆は私にとってかけがえのないものです。先生のサポートがなければ、今の自分はなかったんじゃないかと思うほど、心に寄り添ったアドバイスや指導をしていただけたことは、現在の仕事でも子どもたちとの接し方のお手本となっています。

大学時代、親身に指導してくれた先生のようになりたい

高宮 蓮華さん

京都市立小学校勤務/現代家政学部 現代家政学科 児童学コース(現 児童学専攻)/2015年卒/保育士をめざし、京都華頂大学へ進学。保育・幼児教育分野を学ぶ中で、人生を変える先生に出会う。小学校教諭としての経験豊富な先生と接する中で、小学校教育の現場の魅力、担任として1年間子どもたちの成長と向き合えるおもしろさを知り、小学校教諭をめざすことを決意。現在は、京都市立小学校に勤務。担任としてクラスを受け持ち、子どもたち一人ひとりと向き合っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

京都華頂大学(私立大学/京都)