• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都華頂大学
  • 先生・教授一覧
  • 斧出 節子教授(家族社会学、ジェンダー論)

こんな先生・教授から学べます

現代社会の様々な問題をジェンダーの視点から紐解く先生

家族社会学、ジェンダー論
現代家政学部 現代家政学科生活学専攻
斧出 節子教授
先生の取組み内容

専門は「家族社会学」「ジェンダー論」です。私は仕事、生活、子育てなど、現代社会の様々な問題をジェンダーの視点から紐解き、研究を行っています。ジェンダーとは社会的・文化的に形成された性別のこと。私たちは生まれたときから、周りの大人、メディア、学校などから影響を受けて成長していきます。例えば、女性は理系が少なく、男性は多い。これは一番初めのおもちゃの与えられ方から男女で異なるため。男の子には主に車やロボットなどのメカが与えられていますね。また、アニメ、物語、映画、テレビのCMもジェンダーの視点から細かく観ると、面白いほどに男女の価値を表現しています。「今まで当たり前だと思ってきたことが、実はそうではない」と気づくことで、もっと違う可能性を見出すことができると思います。

「家族社会学」ではジェンダー論的な枠組みから、男性と女性のワークライフバランスなどについて考えます

授業・ゼミの雰囲気

生活・社会における諸問題を多角的な視点でとらえ、学生が自ら考える力を身につけていく授業

現代家政学は、学生に身近な家族・家庭、地域、社会が学びのフィールド。「当たり前にしていることや、当たり前に考えていることを、客観視する姿勢を身につけてほしい」と語る斧出先生。授業ではアクティブラーニングを積極的に取り入れている。例えば「ライフデザイン論」では、学生100名一人ひとりがインタビュー調査に挑戦し、さまざまな人の生活や考え方をグループや全体で発表し合い、理解を深める。「社会は変化していく。その時の知識がいつまで役に立つか分からないからこそ、学生が自ら考える力を重要視しています」と先生。

男女共同参画が進んでいるスウェーデンの中学生の教科書の分析などをとおして、現代生活や意識の実態に追る

キミへのメッセージ

学生一人ひとりのwell-being(しあわせ)を実現してほしい

変化が大きい時代です。現代家政学科で、一人ひとりのしあわせを実現するためには何が必要なのかを、主に社会的な視点をもって学んでいきましょう。ぜひ、華頂で人生に影響を与えるような経験を幅広く得てください!

「大学では苦手なことも含めて、幅広い経験にチャレンジ!女の子だからできないなんてありません」

斧出 節子教授

専門:家族社会学、ジェンダー論
略歴:大阪市立大学大学院生活科学研究科生活福祉学専攻(家族社会学)博士前期課程修了。学術修士。兵庫県家庭問題研究所研究員、華頂短期大学教員を経て、現在は京都華頂大学現代家政学科 教授を務める。世界各地域における子育て支援や、再生産労働(家事・育児・介護などのアンペイドワーク)のあり方について、またワーク・ライフ・バランスについて研究を行っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

京都華頂大学(私立大学/京都)