• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪医療看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 祥子さん(看護学科/看護師)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカイリョウカンゴセンモンガッコウ

日々笑顔で元気よく!を意識して看護にあたっています

先輩の仕事紹介

患者様の気持を第一に、心に寄り添う看護を毎日大切にしています!

看護師
看護学科/2013年
佐藤 祥子さん

この仕事の魅力・やりがい

私は今、看護師として結核病棟を担当しています。特に難しいのは、感染の危険があるため、患者様は人と会うことを制限されてしまうところ。そのため、私たち看護師は、常に患者様の気持ちを理解することに努め、心に寄り添ったケアを行うことを大切にしています。私自身は、少しでも明るい気持ちになってもらえたらという思いと、少しでも辛い気持ちをフォローできたらと、日々笑顔で元気な対応を意識。そうして、患者様と気持ちが通じ合い、信頼される中で、笑顔になっていただける瞬間がこの仕事のやりがいです。もちろん、簡単ではありませんが、心が込もったケアで、だんだん患者様に信頼されるようになっていくのを実感できています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代から「将来は病気で苦しく多くの人のお役に立ちたい」という思いを、ずっと持っていました。その中で、看護師なら病気で苦しんでおられる方と接して、身近な存在としてサポートできること、さらにご家族の方の心もケアすることができると感じました。大阪医療看護専門学校へは、国立の刀根山病院内の敷地に学校があり、常に病院と連携しており、実習が充実し、指導も徹底していること。また教えていただく先生たちが優しく、すごく親身なことを魅力に思い、入学を決めました。2年次から海外研修があり、海外の看護や医療の考え方を、実際に知ることができ、視野を広げることができるのも、入学の大きな決め手になりましたね。

患者様、一人ひとりの病状、心の状況も丁寧にチェック

学校で学んだこと・学生時代

看護師として必要な看護の基礎から応用までを演習や臨地実習などの豊富な実習を通して、学ばせていただきました。特に患者様の心に寄り添ったケアができるようになったのは、実習を通して、先生方から信頼関係づくりの大切さを教わったおかげだと今も思っていますね。あと、良かったと思うのは、成人看護学や老年看護学、小児看護学をはじめ、在宅看護学など、幅広い看護分野についての専門知識を身につけられたこと。看護師は、年齢や性別などが違う、色んな患者様と接しますから、それぞれの層に対応した看護を学生時代に学んだことは、今の仕事でも本当に役立っています。今でも学生時代に教わったことを思い返すことは多いですよ。

検査の時は、声がけを欠かさず、細やかに対応を重視

佐藤 祥子さん

独立行政法人 国立病院機構 刀根山病院/看護学科/2013年/「多くの病気でお困りの人のお役に立ちたい」との思いから、看護師をめざすようになった佐藤さん。大阪医療看護専門学校では、看護の基礎から応用をはじめ、成人看護や老年看護、小児看護など、幅広い年齢層に対応した看護をじっくり学んだ。現在は、国立病院機構 刀根山病院で、結核病棟担当の看護師として活躍。日々、「患者様の心に寄り添う看護」を意識して、笑顔と元気を大切に働いている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪医療看護専門学校(専修学校/大阪)