• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 中部労災看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 金川 芽依さん(看護学科/看護師)

現在5~6名の患者さんを担当。時間をかけて向き合います

先輩の仕事紹介

患者さんの「ありがとう」が嬉しい。一人ひとりに寄り添った看護ができるように頑張ります

看護師
医療専門課程(看護学科)/2017年卒
金川 芽依さん

この仕事の魅力・やりがい

看護師は、患者さんに「ありがとう」と言われることが嬉しく、この仕事をやっていてよかったなと感じる瞬間です。また、医師や看護師が関わることで患者さんが元気になっていく姿を見ることができるのも嬉しいです。医師、看護師、薬剤師、栄養士など多くの職種のスタッフが1人の患者さんのケアにあたるチーム医療。そのなかでも看護師は患者さんに接する機会が多いので、小さな変化も見逃すことなく患者さんに寄り添ったケアをしていきたいと思います。まだまだこれからですが、経験を積むことで一つずつできることが増えていくのが嬉しいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

7歳上の姉が看護師をしていて、昔から仕事の話をよく聞いていました。「やることはたくさんあるけど、患者さんに喜んでもらえることが嬉しい」とイキイキと話す姿に、次第に自分も看護師になりたいと思うようになりました。高校では看護クラスを選択し看護の基礎を学んだ後に、中部労災看護専門学校に進学しました。この学校を選んだのは、先に友人が入学を希望していて、実習先が就職先になることが多いので、就職後の環境がイメージしやすいことや、先生との距離が近く相談しやすい雰囲気などの情報を聞いて、安心して学べそうだと感じたからです。実際に、実習先の中部ろうさい病院に就職することができました。

診療上に起こったすべての出来事を電子カルテで管理します

学校で学んだこと・学生時代

学生時代のクラスは40名。みんなが仲良くて一緒に協力し高め合いながら勉強しました。実習中などに自己の傾向を振り返りながらマナー等も学ぶことができ、社会人基礎力が身につくきっかけにもなったと思います。クラスの約半数が中部ろうさい病院に就職したので、病院内の各所で頑張っている仲間を見ると「頑張ろう」と思いますし、失敗したり落ち込んだ時はお互いに励まし合ったり、とても心強いです。また、学校の先輩もたくさん働いていますし、学校は同じ敷地内にあるので、先生にも会えます。看護師としてとても恵まれた環境で働いていることを実感しています。

頼もしい職場の先輩は、学校の先輩でもあります

金川 芽依さん

中部ろうさい病院勤務/医療専門課程(看護学科)/2017年卒/看護師はまず自身の体調管理が大事。「ちゃんと食べて、寝る」ことを心がけている。休みの日は映画を観に行ったり、高校時代の友達に会ったりしてリフレッシュ。患者さんにはじめて看護師さんではなく、「金川さん」と名前で呼んでもらったときは嬉しかったそう。「看護師に興味のある人は、ぜひ学校や病院見学をして欲しい」と語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
中部労災看護専門学校(専修学校/愛知)