• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本マンガ芸術学院 名古屋校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • メディアアート学科
  • コミックイラストコース

愛知県認可/専修学校/愛知

ニホンマンガゲイジュツガクイン ナゴヤコウ

コミックイラストコース

マンガを軸にしてイラストを。自由な発想と多彩な表現で描く『アート』な世界にも近いコミックイラストの世界を追求!

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • 絵本作家

    子どもから大人までに愛される絵本を作る

    絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。

  • ブックデザイナー(装丁家)

    作品にあわせて本の表紙をデザイン

    本のデザインをするのが仕事。装丁家とも言う。作家によっては装丁家を指名する場合もある。需要は増えているが、デザイナーや画家が兼ねるケースも多く、ブックデザインだけで生活できる人はまだ少ない。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • 漫画原作者

    登場人物から、場面設定までまんがのストーリーを考える

    まんがにはストーリーが必要だ。そのストーリーを考えるのが原作者。まんがの原作だけを書いて仕事をしている人はまれ。小説家や脚本家など、他にも仕事を持っているケースが多い。まんがの原作の仕事は取材に行くなど、通常ライターの仕事に似ているが、表現段階になると会話のセリフや、より短い言葉でまとめる等、絵柄とのバランスはもちろん、構成力や描写力が求められる。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • DTPオペレーター

    DTPに必要な印刷用のデータを作る

    編集者やデザイナーの指示に基づき、ページごとのレイアウト、体裁の調整などをパソコンの画面上で行い、DTPによる出版物の印刷用データを作る。DTP用ソフトの操作や画像処理などの知識・技術が必要。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2017年度納入金 115万円  (このほかに、教材費・学校行事費・健康管理費等が必要になります)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

マンガを軸に、幅広いイラストやデザインの表現力を磨く
コミックイラスト、キャラクターデザイン、CGデザイン、Webデザインと、水彩からデジタル着彩まで基礎からしっかり学びます。マンガはもちろん、ライトノベルの表紙や挿絵、アニメやゲーム、絵本、デジタルデザインなど、多種多様な活躍の場があり、様々な分野で活躍できる「マルチクリエイター」を養成します

授業

基礎画力から応用力までを的確に身につけ、幅広い表現力と創造力を養う
マンガの専門的なテクニックと、個性的な表現のイラストレーションを複数の講師が指導。配色センスなどを学ぶ「色彩理論・構成実習」、コンセプトに基づいたイラストレーションを展開する「アドバタイジング」、PC上でコミック・イラストを作成する技術を身につける「デジタルイラストレーション」などの授業で実力UP!

先生

マンガ界の巨匠がバックアップ!個性を活かす教育体制で、デビューや就職指導も充実!
マンガ業界をけん引し続ける「里中満智子」先生が特任教授としてサポート。ほかにも、実践的なプロテクニックを指導する万全の講師陣を配置しています。充実のカリキュラムと教材での効率よいスキルアップと、学生個々を重視した個別指導での、魅力あふれる人材育成を行います

制度

作品応募を積極的に行い、「出版社審査会」で、チャンスを広げる
ニチマでは、各種新人賞などへ積極的に投稿・応募します。出品作品は、もちろん指導やアドバイスを受けてクオリティアップしたもの。また、学院内で開催される学院生のみが対象の 「出版社審査会」では、現役編集者が学生の作品をプロの視点でアドバイス。「担当付き」となればデビューへのチャンスをつかめる可能性も

奨学金

様々な種類の奨学金制度で、学生の意欲を経済面からもサポート!
独自の学費サポートシステムを設けています。学費の一部が免除となる「AO奨学金」や、「指定校推薦奨学金」、「高校生グランプリ特別奨学金」など、学院オリジナルの奨学金制度でバックアップします

イベント

学校がよくわかる「体験入学」は毎月開催!特別ゲストも毎回来校!
マンガ家や声優タレントなど特別ゲストが来校し、マンガ制作やデジタルコミックの作画、アニメのアフレコなど楽しく授業を体感できる体験入学は毎月開催!カリキュラムや授業内容、施設・設備、先生や学校の雰囲気などがよくわかります。日程や内容はお気軽にお問い合わせください。個別見学も毎日受付中です

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • レタリング技能検定 、
    • POP広告クリエイター技能審査試験 、
    • CGクリエイター検定 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R)

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

マンガ家、コミックイラストレーター、キャラクターデザイナー、マンガ家アシスタントなど

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒453-0804 愛知県名古屋市中村区黄金通1-16
TEL:0120-353-816(フリーダイヤル)
info@nmg-nagoya.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市中村区黄金通1-16 「中村区役所」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内


日本マンガ芸術学院 名古屋校(専修学校/愛知)