• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 埼玉
  • 埼玉東萌短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 辻 莉菜さん(幼児保育学科/保育教諭)

季節なども考えながら子どもが楽しめる歌を選びます

先輩の仕事紹介

子どもたちが日々成長している姿、その指導に関われていることに幸せを感じ、私も一緒に成長させてもらっています!

保育教諭
幼児保育学科/2017年3月卒
辻 莉菜さん

この仕事の魅力・やりがい

幼児の保育のほか、カリキュラムの作成や行事の企画、指導などを行っています。子ども一人ひとりに合わせて体操・英語・音楽リズムなどの得意なことを伸ばす保育を心がけています。保育や教育をするうえでは、同僚や保護者とのコミュニケーションも大切です。保護者の方とは登園時に子どもの様子を聞いたり、降園時に今日あったことを具体的に伝えたりして、信頼関係を築けるように気を配っています。保育をしながら行事を準備するのは大変ですが、子どもたちが練習を頑張り、本番で力を発揮している姿を見ると、大変だったことを忘れるほど感動します。日々成長する子どもたちの姿にやりがいを感じ、私自身も一緒に成長させてもらっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃から自分より小さい子のお世話をすることが好きで、小学生の時には幼稚園の先生になりたいと思っていました。夢は変わらず、保育の勉強をするために東萌へ入学しました。決め手となったのは、オープンキャンパスでの学校の雰囲気がアットホームで、学ぶ環境としてもキャンパスライフを楽しむにも、充実した2年間を過ごせると思ったからです。実際に短大ながら、基本は高校のようにクラス単位で同じ授業を受けるため、クラスのみんなが仲良く仲間意識も強くなりました。在学中は勉強だけでなくさまざまなことを助け合いながら乗り越えてきました。いまでも情報交換をしたり励まし合ったりできる大切な仲間です。

学生時代に学んだ読み聞かせの技術で子どもの心を掴みます

学校で学んだこと・学生時代

興味を持っていた障害児保育や心理学は、とくに集中して授業を受けました。ほかの授業で関連する内容を教わった時は、その授業で聞いたことも教科書に書き足し、より深く理解しようと努力しました。そのおかげで、発達の差が感じられる子には、授業で学んだことを参考に接しています。また、紙芝居や絵本の読み方の違いなど細かい基礎も学びましたが、仕事に就いてから改めて聞くことはなかなか難しいので、学生時代に身につけられたのは良かったです。夏休みなどの長期休暇を利用して、ボランティアにも力を入れました。保育の現場を知ることもできたし、それぞれの園の雰囲気を直接感じることができ、その経験から就職も決められました。

一人前の保育教諭になるため先輩にアドバイスをいただきます

辻 莉菜さん

認定こども園 金町幼稚園勤務/幼児保育学科/2017年3月卒/1歳児から5歳児の保育と教育を行う認定こども園。この園へ就職したいと思ったのは、「親子での時間を大事にしてほしくて、登降園のわずかな時間でもコミュニケーションを取れるように園バスを廃止した」という園長の考えに魅力を感じたから。先輩から指導やアドバイスをもらいながら、早く一人前の保育教諭になれるように頑張りたいと目標を掲げて、子どもに接している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

埼玉東萌短期大学(私立短期大学/埼玉)