• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 埼玉東萌短期大学
  • 先生・教授一覧
  • 栗本 浩二教授(画家、大学教授)

私立短期大学/埼玉

サイタマトウホウタンキダイガク

こんな先生・教授から学べます

ものづくりの楽しさを伝え、豊かな感性を授ける先生

画家、大学教授
幼児保育学科 
栗本 浩二教授
先生の取組み内容

画家として、教育者として、ふたつのアプローチで活動しています。個人の絵画制作では“生命の力の表現”をテーマに油絵を制作。自然界にある、あらゆるものに目を凝らし、色彩や形態、事物を再発見することで、本質的な未知の力や新しい法則を表現しています。同時に教育することも大切な活動です。東萌短期大学の学生は保育者を目指す人達なので、彼らにはなによりも“ものをつくる楽しさ”を大切にしてもらうようにしています。まずは自分たちが楽しめなければ、子どもも楽しめないので。ですから失敗も許容し、できるだけ規制をかけずに伸び伸びと表現してもらっています。そのほか自ら主宰する絵画教室でも教えていますが、さまざまな人の絵を見て、私も刺激を受け、それを個人の絵画制作に活かしていく…そんな好循環を得ることができています。

学生はグリーティングカードも製作し、ものづくりの楽しさと感謝の気持ちを学びます

授業・ゼミの雰囲気

失敗も糧に。自由に伸び伸びと幼児造形についての学びを深める

色彩の講義や幼児造形における基本的な道具の使い方、デッサンやイラストの製作から幼児教育で使用する絵画技法など、幼児のための美術・造形を幅広く教えている栗本先生。学生たちに伝えているのは、ものづくりの楽しさを味わい、楽しみながら製作すること。入学当初は絵が嫌いだと手を挙げる学生が多いそうだが、「自己表現としてではなく、子どものためだと考えれば、学生たちはすごく頑張るんですよ」と先生は語る。「"子どもの幸せを願う”という、保育者を目指す人としての根源的な力を、東萌短大の学生は誰もが持っているんです」

「上手くできた!」と喜ぶ学生。この喜びを、子どもたちにも伝えてほしい

キミへのメッセージ

子どもが好き…その想いを大切に、大いに学んでください

保育を学ぼうとしている皆さんは、子どもが好きな人たちでしょう。その気持ちを大切にし、子どものために大いに学びを深めてください。子どもの成長を見守れる保育の仕事は、何ものにも代えがたい魅力的な仕事です。

「子どもの絵画製作は、子どもの感性や発達に深く関係する大切な活動です」と語る栗本教授

栗本 浩二教授

専門分野/美術学、幼児教育、絵画(油絵)
略歴/1990年、東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。絵画制作活動を通して個展・グループ展を多数開催。現在は自由美術協会会員として、毎年東京都美術館、国立新美術館にて行われる自由美術展に出品している。また、ホテル・TV局等の美術作品制作実績も豊富。教育活動としては、埼玉東萌短期大学のほか、栗本絵画造形教室も主宰している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

埼玉東萌短期大学(私立短期大学/埼玉)