• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京ブライダル専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 酒井 星奈さん(昼間部 ブライダル科/ドレスコーディネーター)

色鮮やかなドレスに囲まれて仕事をしています

先輩の仕事紹介

新婦様の夢や憧れを体現した「キラキラ」輝く衣裳を届ける

ドレスコーディネーター
昼間部 ブライダル科/2016年卒
酒井 星奈さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

新郎新婦様の衣裳コーディネートを担当しています。衣裳はレンタル商品なので、挙式日は一組しかその衣裳を使えません。万が一間違えてしまうと、お選びいただいた衣裳を当日着用できないという取り返しがつかないミスにつながる可能性があるので、慎重に在庫確認を行いながら進めています。お客様とはお打ち合わせから当日まで、何度かお会いする機会がありますが、その間に信頼関係が生まれ、挙式後もお付き合いが続くこともあるんです。お写真を送っていただいたり、お子様が生まれてからお子様を連れて私に会いに来てくださったり。衣裳選びがきっかけとなり、幸せなお付き合いが続いていくなんて、本当にやりがいのある仕事だと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どもの頃、叔父の結婚式に参列しました。華やかな雰囲気が印象に残り、いつしか結婚式に関わる仕事がしたいと思うようになったんです。調べてみると、結婚式にはいろいろな仕事があることがわかりました。改めて自分がやりたいこと、好きなことって何だろうと考えたときに浮かんだのが衣裳。衣裳選びをサポートすることは、お客様との距離も近いし、お客様の夢や憧れをカタチにできる仕事。ブライダル衣裳ならではの華やかさや品格、キラキラした環境の中で働きたいと考えました。入社後、ドレス・タキシード・モーニング・和装と順番に知識を身につけて、初めて新郎新婦、列席者全員の衣裳のお手伝いができたときのことはよく覚えています。

ドレスから和装まで幅広く扱います

学校で学んだこと・学生時代

ドレスコーディネーターに必要なのは、衣裳の専門知識だけではありません。挙式までのスケジュール、ブーケや髪型、メイクなど、ブライダルに関する総合的な知識が欠かせないんです。東京ブライダル専門学校では、ブライダルに関することをすべて学ぶので、卒業までに総合的な知識が身につきます。学生時代は自分がやりたい分野が明確であるほど「こんなことまで覚える必要があるのかな」と疑問に思うかもしれません。でも社会に出てみると、そうした幅広い知識こそが本当に役立つものなのだと実感する時がきっとあると思います。私自身、今でも専門学校時代の学びに助けられていて、一つとしてムダなものはないと思っています。

接客中はいつも笑顔を絶やさぬよう心がけています

酒井 星奈さん

モリノブライズ株式会社 ブライダル事業部ウエディングパートナー課 ホテルフランクス ドレスサロン 勤務/昼間部 ブライダル科/2016年卒/入社後は、ドレスコーディネーターとして、衣裳選びのサポートのほか、挙式当日の衣裳の仕度やお直しも担当。接客だけでなく、電話対応、商品の発注、納品など、事務作業も多いという。目指しているのは、お客様はもちろん、会社や取引先の式場にも信頼される人材。「お客様からだけではなく、関わるすべての人に信頼、支持されなければ真のプロとは言えません。これからも初心を忘れず、どんなときも相手の立場に立って考え、行動できる人材として成長していきたいです」(酒井さん)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京ブライダル専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT