• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 札幌観光ブライダル・製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 池上美樹さん(観光総合学科 旅行専攻/旅行カウンタースタッフ)

北海道認可/専修学校/北海道

サッポロカンコウブライダル・セイカセンモンガッコウ

お客様の「楽しかった」という言葉と笑顔が、仕事の力になっています

先輩の仕事紹介

さまざまなご要望にお応えし、お客様が喜ぶ旅行をご提案できるのがやりがいです

旅行カウンタースタッフ
観光総合学科 旅行専攻/2016年3月卒
池上美樹さん

この仕事の魅力・やりがい

お客様の大切な思い出作りを一緒にできることが、この仕事の魅力ですね。入社当初は添乗員希望でしたが、カウンターの仕事をするうちに、団体様よりも1対1でお客様とじっくり接客をする方が自分に向いていると思うようになりました。お客様と接する時間やコミュニケーションを取る時間が長いので、旅行中も気になって滞在先のホテルに「ゆっくり過ごしてください」といったFAXを送ったり、帰宅に合わせて「お帰りなさい」の葉書も送ります。そうしたことが信頼関係に繋がるのか、旅行後にわざわざお店に来て「楽しかったよ」と言ってくださったり、お土産やお手紙をいただいたり、次のご旅行で指名をしていただいたときはやりがいを感じますね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

両親が旅行好きで、子どもの頃から休日にはよく出かけていました。私も旅行から帰って来ると、友人にオススメスポットや食事、見どころを熱心に話していましたね。旅行の計画を立てるのが好きだったので、高校生時代もスケジュールや宿、飛行機の時間を調べたりして、友人から重宝がられました。将来も旅行関係に就くことしか考えていませんでしたので、進路を決める際にこの道を選んだのは自然だったと思います。在学中、2年生の夏に今の会社のインターンシップに参加し、実際の現場を体験したとき「やっぱりこの仕事が好きだ」と思いましたので、そのまま採用していただけてうれしかったです。店舗の雰囲気や立地の良さも気に入っています。

お客様のご要望に沿った旅行プランを日々提案します

学校で学んだこと・学生時代

1年生のときに国家資格である「国内旅行業務取扱管理者」の受験ができることもあり、授業は1週間びっしりでした。観光業に関する専門知識はもちろん、英語は週に3回と、かなり力を入れていましたね。クラスでは、全員で国家試験のための勉強をしたり、鏡の前で面接練習をしたり、就職宿泊合宿を行うなど、就職試験対策にも徹底的に取り組みました。また、お辞儀や言葉遣い、電話の取り次ぎの際のマナーや接客スキルなどを厳しく教わったことは、社会に出てからとても役立っています。他の科の講師による実技カリキュラムも充実しており、ウォーキングやボイストレーニングなど幅広く学べたのも、この学校ならではだと思います。

きれいに見やすいよう、パンフレットは常に整理整頓

池上美樹さん

近畿日本ツーリスト北海道 札幌支店/観光総合学科 旅行専攻/2016年3月卒/旅行が好きな両親の影響で、自身も旅行好きに。将来も旅行業に携わりたいと専門学校へ進学し、卒業後は憧れの大手旅行代理店に就職。「今ではすっかり観光地の穴場にも詳しくなりました」と池上さん。会社では団体客の取り扱いが多いため、入社当初は添乗員を希望。しかし、毎日お客様と向き合いながらコミュニケーションを通して信頼関係を築く中で、1対1で接することへの楽しさを感じるようになったという。「いずれはクルーズコンサルタントの資格を取ったり、ウエディングや世界遺産などテーマ別の資格を取って、1つの分野を極めてスキルアップしていきたいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
札幌観光ブライダル・製菓専門学校(専修学校/北海道)