• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都美術工芸大学
  • 先生・教授一覧
  • 種村 俊昭先生(建築学)

私立大学/京都

キョウトビジュツコウゲイダイガク

こんな先生・教授から学べます

「面白く」なければ建築じゃない!その魅力を伝える先生

建築学
工芸学部 建築学科
種村 俊昭先生
先生の取組み内容

建築設計は「ひとごと」をデザインすること、というのが私の持論であり、学生にはそのことを第一に伝えたいと思っています。「ひとごと」を「他人ごと」と捉えると無責任に聞こえますが、私の真意はその逆です。「ひとごと」が示す意味は「ひと・こと・もの」の「ことづくり」であり、それをデ・サイン、つまり“カタチ化”することが建築設計なのです。「人」「事」「物」ですから、決して「他人ごと」ではなく、私たちの生活そのものであり、「私の問題であり」「あなたの問題である」のです。だからこそ、興味は尽きませんし、“カタチ化”するためのさまざまな発見があるはずです。建築は「面白い」ものですし、「面白く」なければ建築ではありません!教育にも携わるようになった今、まずそのことを学生には伝えたいと思っています。

建築設計は「ひとごと」をデザインすること。その真意は…

授業・ゼミの雰囲気

建築物の可能性を示すデザインのため、学生に感じて、発見することを求めます。

「工芸実習基礎」「建築デザイン演習」という授業では、「問題解決型(have to 建築)」と「課題発見解決策提案型(Can be 建築)」を何度か繰り返します。「have to 建築」とは、安全・安心・利便・適正・快適といった建築の機能的価値を理解・計画・設計する過程です。学生には、ある具体的な課題を出して、まず「have to 建築」を自分のものにしてもらいます。その後、具体的に提示した敷地に足を運ばせ、環境や風景、住民の様子などを確かめてから見えてくるものを加味して建築物の可能性「Can be 建築」を探ってもらいます。

可能性を秘めた建築のプランニングには「have to 建築」も「Can be 建築」も、両方が大切です

キミへのメッセージ

広い分野が学べるKYOBIの魅力を活かして…

建築は全ての人間にかかわる生活基盤。その分野は広く、興味、学習、研究の対象は尽きません。まず自分の興味ある分野の知識、技術、技能を身に付け、将来へ受け継ぐための自らの活躍の場を想像・創造してください。

種村 俊昭先生

1951年滋賀県彦根市生まれ。大阪市立大学工学部建築学科、同大学大学院工学研究科修士課程修了、同博士課程所定単位取得。安藤忠雄建築研究所、日本設計(チーフ・アーキテクト)、種村建築研究所(所長)、職業能力開発総合大学校建築システム工学科教授、建築専攻教授。手がけた建築作品は上野市立図書館、流通科学大学、滋賀県立安土城考古博物館、NHK大阪放送会館・大阪歴史博物館、フレミラ宝塚、養父市大屋市民センターなど

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

京都美術工芸大学(私立大学/京都)