• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都美術工芸大学
  • 先生・教授一覧
  • 浅見 武教授(陶芸)

私立大学/京都

キョウトビジュツコウゲイダイガク

学生の作品紹介

右へ
左へ

陶芸で身につけた知識・技術は社会に出てから多方面で活かされる

浅見先生に、在校生の作品を通じて、授業で身につくことを解説していただきました。浅見先生の指導方針は、陶芸の知識や技術の習得を通じて、大学卒業後の方向性を見定める機会を与えることです。

陶芸
美術工芸学科 工芸領域(陶芸コース)
浅見 武教授
  • 陶芸
  • 陶芸家。祖父の代からの陶芸家の家に生まれ、陶芸は幼い頃から見よう見まねで始めた。大阪学院大学経済学部卒。公益社団法人日展会友。京都工芸美術作家協会会員。
創り続ける「継続の力」が技術を飛躍的に伸ばします

室井 早紀 「昆虫図標本飾り皿」

上絵付技法を駆使して昆虫を色彩豊かに、実際の質感に近づけて描いています。周りのデザインとして、それぞれの昆虫の生息地域の伝統模様を描いているところがユニークで面白い。このような動植物やオリジナルデザインの上絵付の技術力の進歩が目を見張るほどです。京都はもちろん、地方の公募展出品にも意欲的に取り組み、入選を果たしています。

伝統とオリジナルを融合して、新たな工芸品に挑戦しています

右へ
左へ

吉岡 遥 「花尽し香炉」

修得した絵付け技術を発揮するために、高度な技術が必要な香炉に挑戦した作品です。水彩画のような発色をする洋絵の具を使い優しい印象になるように描き、最終段階では金の輪郭でなぞることで上品に仕上がり、鑑賞者がじっくり見入る作品になっています。京都の美術系大学・専門学校の学生が出品する公募展において、一般来場者による投票で2年連続最優秀賞に輝いたことは大きな自信になるはずです。

鑑賞者がじっくり見入るような作品になっています

右へ
左へ

吉田 直弘 「空想茶器」

本人の空への強い思いを茶器という形で表現した作品です。伝統的なデザインにとらわれず、湯呑みの雲の模様は泥で描き、青磁釉を用いることで緊張感のある表現になっています。反復練習により複雑なろくろ成形技術を習得したり、素材を知ったうえで焼成テストで安定した釉薬を得るためのノウハウを習得したり、努力を惜しみませんでした。また、表現力を向上させるために、企業とのコラボレーションにも積極的に挑戦していました。

空への憧れが茶器の中に表現されています

右へ
左へ

高校生へのメッセージ

陶芸といっても食器づくりだけではありません。基礎として成型方法や加飾技法、釉薬や素材研究を学びます。ここでは、陶芸の造形技術や知識を習得した幅広い人材育成を目指しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

京都美術工芸大学(私立大学/京都)