• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 札幌デザイン&テクノロジー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • AI&テクノロジー科
  • 農業マネジメントテクノロジー専攻

札幌デザイン&テクノロジー専門学校 AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻(2023年4月名称変更予定)

ドローンやAIテクノロジーを駆使し、持続可能な日本の農業をテクノロジーで創り上げ、未来の農業を支える人材を育成

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    農学とは、食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究する学問です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学とは、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組む学問です。「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。したがって、学校によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。まずは環境科学の概要をつかみ、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信工学とは、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究する学問です。通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。数学と電磁気学を基礎とし。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。IoT化が進むことを考えると、卒業後の活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムコンサルタント

    企業の業務内容に合った情報システムを提案する仕事

    企業の業務はコンピュータを使った情報システムで管理されており、それによって仕事の流れを効率化したり、膨大な顧客データを活用したりしている。業務内容と情報システムとは密接に関係しているので、企業の情報システムの導入・改善にあたっては、ビジネスとITの両方に精通した専門家が必要になる。その役割を担うのが、コンサルティング会社をはじめとするIT系企業で活躍するシステムコンサルタント。顧客(企業)の業務内容や要望・課題をしっかりと聞き、適切な情報システムのあり方を提案。基本的な設計までを行う。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

  • 酪農家

    おいしい牛乳や食肉などを生産するため家畜を育てる

    農場や牧場などで、牛や豚、鶏などを飼育する。乳製品にしたり、食肉用にしたり、安全でおいしい畜産品等を生産するため、飼育方法や飼料・環境を整え、家畜を育てていく、重労働だが、育てる楽しみがある。

  • 農業

    米や野菜、花からハーブまで、自然の中で育てて生産するスペシャリスト

    農業は、自然の中で、季節を感じながらさまざまな農作物を自分の手で生産するのが仕事です。農業を始めるにあたって学歴や特別な資格は必要ありませんが、土作りから収穫まで、育てる作物やその土地の気候、地質によって異なるので、土や肥料についての知識や経験が必要になります。家が農家の場合は実践を積むのが近道ですが、そうではない場合、それらの知識を身につけるには農学部のある大学や農業の専門学校、農業大学校などを経て、個人事業者として開業するか、農業法人、企業の農業研究機関に就職する方法があります。最近では、無農薬栽培や有機栽培、また生命科学(バイオサイエンス)などを応用した作物の栽培も注目され、農業の幅は広がっています。ただし、台風や積雪などの天候に左右されて収入が不安定になりやすい、難しい仕事でもあります。長く安定的に続けるためには専門的な知識を常に学んでいくことも大切です。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • 環境教育指導者

    学校教育現場で、自然に触れ合う機会を設けることによって環境について勉強できるよう指導する。

    小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。年代に応じて、遊びながら自然と親しめるようなプログラムを考えたり、野遊びや川遊びなど、日頃最近の子どもたちがあまりしなくなった遊びを一緒になって楽しみ、自然を再発見してもらおうという狙い。教員を対象としたさまざまな環境教育指導者の研修やセミナーが実施されているが、必ずしも教師でなくても、総合的な学習の時間を一緒に指導する地域のボランティアなども数多く活躍している。

初年度納入金:2023年度納入金 140万5800円  (この他に教科書代や資格検定料、海外研修費用などが別途必要)
年限:4年制

札幌デザイン&テクノロジー専門学校 AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の学科の特長

AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の学ぶ内容

4年制の強みを活かし、社会で活躍するスペシャリストへ
「食」を支える農業・酪農で、ドローン技術やAIを駆使してビジネス展開できる人材を育成。農業経営の基礎知識から6次産業化の経営、AI・ドローンなどの最先端技術まで、現場での実習を交えながら実践的に学び、これからの日本を支える農業社会で活躍するスペシャリストになるための力を身につけます。

AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻のカリキュラム

企業プロジェクトなどを通じた実践型カリキュラム
4年間すべてが「実践的な授業」。これからの日本を支える真のスペシャリストと、業界が求める即戦力のテクノロジストを目指す実践型カリキュラムとなっており、専門英語や留学のための英語を学ぶほか、企業プロジェクトを通し実践的に知識・技術を身につけます。

AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の授業

総授業時間数3400時間以上。業界で必要な基礎スキルを学ぶ
農業でビジネスをしていくための農業経営や、テクノロジーで農業展開するためにAIについての知識、プログラミング技術、ドローン技術、リモートセンシング、通信衛星知識などを4年間で学びます。3、4年次には、システム開発など実践的な学びで即戦力を身につけ、幅広い業界で求められるテクノロジストを目指します。

AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の実習

現場での本格実習で必要なスキルや技術を磨く
契約農家での栽培実習からドローンを用いてのスマートセンシングで、作物の育成などを管理していく本格的な実習を用意。また、無人トラクターなどの現場実習も。先進的AI企業との連携授業や最先端のAIシステム構築に必要な最新機材を完備し、次世代のAIエンジニアを育成する実習環境を整えています。

AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の卒業後

業界が求める即戦力へ
テクノロジーの知識を活かして就農を目指すことはもちろん、農業スタートアップとして起業も。さらにはテクノロジーを使ってこれからの農業をサポートする企業の就職を目指します。【目指せる職種】アグリテック企業、農業法人、ハイテク農家、ハイテク酪農家、IT企業、アプリ開発会社、機器メーカー、農業サポート企業など

AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の奨学金

学費の不安を解消!生活スタイルに合わせた学費サポートプラン
本校は北海道からの認可を受けている専門学校であり、奨学金の申請や高等教育の修学支援新制度が適用されるなど、学費に関しても一人ひとりのライフスタイルに合わせて、夢の実現をサポートします。

札幌デザイン&テクノロジー専門学校 AI&テクノロジー科のオープンキャンパスに行こう

札幌デザイン&テクノロジー専門学校 AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の学べる学問

札幌デザイン&テクノロジー専門学校 AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の目指せる仕事

札幌デザイン&テクノロジー専門学校 AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の資格 

AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の目標とする資格

    • CompTIA A+ 、
    • CompTIA Network+

    G検定  
    E検定  
    CompTIA IT Fundamentals+
    CompTIA Linux+ 
    CompTIA Cloud+ 
    Microsoft Certified : Azure Fundamentals(AZ-900) ほか

札幌デザイン&テクノロジー専門学校 AI&テクノロジー科 最先端テクノロジーワールド 農業マネジメントテクノロジー専攻の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒060-0001 札幌市中央区北1条西8丁目2番地75
0120-27-6200(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市中央区北1条西8丁目2番地75 地下鉄「大通」駅1、2番出口から徒歩7分
地下鉄「西11丁目」駅2番出口から徒歩5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • ホワイトハッカー専攻
  • AIエンジニア専攻
  • ITスタートアップ専攻
  • スーパーゲームクリエーター専攻
  • クラウドゲームエンジニア専攻
  • CG・アニメーション&イラスト専攻
  • シナリオ&コンテンツ企画制作専攻
  • e-sportsマネジメント専攻

RECRUIT