• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本体育大学医療専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 熊谷 将史先生(柔道整復師)

こんな先生・教授から学べます

現場で活きるコミュニケーションの「実技」も指導する先生

柔道整復師
整復健康学科 柔道整復コース
熊谷 将史先生
先生の取組み内容

私は本校の教員をしながら、現役の柔道整復師として、学校附属の「日体接骨院」で幅広い患者様と接しています。そのため、柔道整復師の現場を体験する「臨床実習」という授業では、実際の臨床の現場で活きる「実技」を具体的に指導しています。
また、ボランティア活動として地域の柔道やバレーボールなどの大会での救護活動も積極的に参加しています。これらの活動から得られた急性外傷に対する知識や経験も、すぐに学生たちに共有することも心がけています。
柔道整復師には、どんなケースにも対応できる施術のスキルはもちろん、ケガや痛みで不安を抱えた患者様に安心していただけるようなコミュニケーションも大切です。これら身体と心へのトータルな「実技」の教育こそが、本校の特長だと考えています。

柔道整復師に必要な「明るいコミュニケーション」のスキルも学生たちに伝えています。

授業・ゼミの雰囲気

附属の接骨院でプロの現場を見学することで、授業の学びが深く理解できる

日本体育大学医療専門学校には附属の接骨院があり、地域の方からスポーツ選手まで、幅広い患者様に愛されています。同時にこの施設は「臨床実習の教室」としても活用され、学生たちは熊谷先生をはじめとするプロの柔道整復師たちの施術現場を直接見学できるのです。
生きた施術やコミュニケーションを見学すると、授業の学びがどのように活かされているか、または、必要とされているかがわかります。すると、単なる知識が「深い理解」となり、よりスムーズにスキルの定着が図れるようになるのです。

附属の接骨院では、卒業後の臨床現場で役立つ多くのスキルが身につきます。

キミへのメッセージ

感性を磨いて、患者様に寄り添える柔道整復師を目指そう!

身体だけでなく、心に傷を負っている患者様も多いです。そんな方々から信頼されるには、施術の知識はもちろん、感性を磨くことも大切。ぜひ本校で、患者様に寄り添える柔道整復師を目指しましょう!

熊谷 将史先生

専門分野:柔道整復学
学生時代に熱中していたバレーボールでのケガをきっかけにこの道へ。
2010年に本校を卒業後、学校併設の日体接骨院に勤務。その後、専科教員免許を取得し現職。いまも教鞭を取りながら接骨院に勤務し、ケガをされた患者様が日常生活やスポーツに早期復帰できるよう努めている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本体育大学医療専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT