• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA
  • 在校生レポート一覧
  • 澁川 眞治さん(調理師科(Wライセンスシステム) 西洋料理専攻/2年)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカチョウリセイカセンモンガッコウエコール ウメダ

実習やイベントで一般の方々に食べてもらう機会が数多くあります。厳しい意見も聞けるので、グループで話し合って次に活かしています

キャンパスライフレポート

料理、パン、デザート。フルコース学んでいつか自分の店を持ちたい

調理師科(Wライセンスシステム) 西洋料理専攻 2年
澁川 眞治さん
  • 大阪府 箕面自由学園高校 卒

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    バンケットシミュレーションで作るのは全学生分のランチ300人前

  • キャンパスライフPhoto

    毎日実習をして積み重ねるのが大事。毎日実習だけでなく、もっと技術を高めたいから自宅専用フライパンを買いました

  • キャンパスライフPhoto

    先生との距離が近いのがいいですね。質問しやすくて、こちらの疑問や提案に丁寧に応えてくれます

学校で学んでいること・学生生活

西洋料理実習では、みじん切りなどの基本技術は授業の始めに毎回練習する「ルーティーントレーニング」や先生が1対1で確認してくれる「チェックテスト」もあるので、技術が身につきます。オムレツは家でも練習して2回のテストに両方合格。祖母に作ってあげたら泣いて喜んでくれました。先生の体験談も勉強になります。

これから叶えたい夢・目標

まずは、内定先のホテルでスーシェフとして黒ズボンを履くことが大きな目標です。パンやデザートも学べるWライセンスシステムを選んだのは、いつか自分のお店を持ち料理で人を楽しませたいから。イベントやショップ販売、レストラン経営の実習など、一般のお客様に提供し、喜んでもらえた経験は力になっています。

この分野・学校を選んだ理由

料理が好きになった原点はおばあちゃんに教えてもらったリンゴのうさぎ切り。積極的に家族を手伝うようになり、イタリアンレストランが舞台のドラマの主人公に憧れて、「手に職つけるならこれだ!」と進路を決めました。

分野選びの視点・アドバイス

料理人は怖いイメージがあるかもしれません。でも、DAICHOの先生は有名ホテルの料理長や海外の活躍など凄い経験をもちながらも、授業以外も常に声をかけてくれるようなフレンドリーな先生ばかりです。毎日の実習はもちろん、学外イベントも多くあり現場で活かせる経験が積めますよ。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 食品栄養学 日本料理実習 調理理論 専攻実習(フランス・イタリア料理専攻) 西洋料理実習
2限目 ヘルシーライフ研究 日本料理実習 ヘルシーライフ研究 専攻実習(フランス・イタリア料理専攻) 西洋料理実習
3限目 中国料理実習 世界の食通信 西洋料理実習 調理理論 フードセーフティー論
4限目 中国料理実習 食品栄養学 西洋料理実習 食品栄養学 フードセーフティー論
5限目
6限目

授業で農業見学へ。農家からなにわの伝統野菜をいただき、調理して学内レストランでふるまいました。放課後はイタリアンのお店でアルバイト。自宅では家族にご飯を作ったり、得意の千切りや切り物を手伝っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA(専修学校/大阪)