• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA
  • 在校生レポート一覧
  • 松原 福門さん(調理総合本科/1年)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカチョウリセイカセンモンガッコウエコール ウメダ

入学して最初の授業は、包丁を研ぐことでした。毎日手入れをして使ううち、今では体の一部のような存在に。実習も、技術習熟度を測るチェックテストもこの相棒と一緒です

キャンパスライフレポート

技術と理論の両方が揃う環境で、進むべき道を探っています

調理総合本科 1年
松原 福門さん
  • 大阪府 大阪商業大学高校 卒

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    毎日使ううち、包丁が手に馴染んできました

  • キャンパスライフPhoto

    実習と座学の両輪で、経験が定着しています

  • キャンパスライフPhoto

    アルバイトではラテアートも手掛けています

学校で学んでいること・学生生活

実習と座学を通して調理の基礎から学んでいます。2年生からは日本料理か西洋料理のどちかを専攻するのですが、どの実習も楽しくて、まだ一つに絞れずにいます。僕は一人でじっくり取り組む作業が好きだったけど、DAICHOに入学してからは分担する大切さ、難しさを実感。イメージ通りの料理ができると喜びも大きいですね。

これから叶えたい夢・目標

将来の夢はまだ決まっていません。DAICHOは進みたい方向が明確な子が多いから、友達の夢や意見を聞きながら、僕も進むべき道を見つけていきたい。授業がわかりやすいだけでなく、現場経験の豊富な先生たちもこの学校の魅力です。失敗談も話してくださるから仕事に対するイメージが湧くし、とても参考になります。

この分野・学校を選んだ理由

僕は何事も、まずは感覚で身につけるタイプ。だから、毎日実習を行うスタイルは合っていました。また、実習では理論も共に学びます。理論と実習、両方がしっかり揃うDAICHOは僕にはぴったりの学校でした。

分野選びの視点・アドバイス

どの学校を選ぶかによって、自分のレベル、就職先の選択肢が違ってくると思います。だからこそ、学校選びは大事。先生や学生の雰囲気はもちろんのこと、機材や環境がしっかり整っていることも重要だと思います。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 ヘルシーライフ研究 西洋料理実習 総合調理実習 食品栄養学 中国料理実習
2限目 ヘルシーライフ研究 西洋料理実習 総合調理実習 食品栄養学 中国料理実習
3限目 日本料理実習 食品栄養学 調理理論 専攻実習 フードセーフティ論
4限目 日本料理実習 世界の食通信 調理理論 専攻実習 フードセーフティ論
5限目
6限目

高校時代からカフェでアルバイトをしています。1年次はカフェ専攻で学んでいることがアルバイトでも活かされていますよ。ラテアートも上達し、お客様が写真に撮ってくれたり、喜んでもらえるとすごく嬉しいですね。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA(専修学校/大阪)