• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 塚本 陽子さん(Wライセンスシステム(2年制)/調理師)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカチョウリセイカセンモンガッコウエコール ウメダ

お客様の喜ぶ顔を想像しながら丁寧に盛り付けます

先輩の仕事紹介

調理は手早く、仕上がりは美しく。ホテルの宴会調理はスピードと華やかさが命!

調理師
調理師科(Wライセンスシステム)/2014年3月卒
塚本 陽子さん

この仕事の魅力・やりがい

有名企業のビルが連なる大阪ビジネスパーク(OBP)。私が調理師として働く『ホテルモントレ ラ・スール大阪』は、その一角にあります。現在は調理部宴会調理課に所属し、前菜やデザート、パンなどを調理する「コール場」を担当。観光やビジネスのお客様で賑わう場所柄、多い時は1日15件もの宴会が入るため、現場は常にスピードとの闘いです。その中でいかにご満足いただける料理をお出しできるかが、私たちの役割。“調理は手早く、仕上がりは美しく…”を心掛け、ひと皿ごとの盛り付けにも徹底的にこだわります。慌ただしい一日を乗り越えた時の達成感、そして、お客様の「おいしい!」の声をやりがいに、今日も調理場を駆け回っています。

学校で学んだこと・学生時代

前菜はお客様が一番最初に手にする料理ですので、そのひと皿がホテルの印象を決めてしまうこともあります。だからこそ私たちの責任は重大ですし、「味も見た目も徹底的にこだわる」という想いは、ここから来ています。普段から綿密な仕込みと準備を進めていますが、急にお客様の数が増えたりするケースもあり、柔軟な対応力が求められる現場です。その仕事を1年目からこなせているのは、ecole UMEDAで学生全員のランチをつくった「バンケットトレーニング」のおかげ。大量調理に対する段取りや心構えを理解できた経験は、現場でもかなり役立ちました。毎日の実習で培われる知識の量や技術の幅も、就職後の自信になりました。

ソースがけや盛り付けには私なりの工夫も入れています

これからかなえたい夢・目標

コール場からキャリアが始まるホテルの調理師は、その後、温かな料理をつくるホット場やメイン担当へと、役割がステップアップしていきます。まずは今の持ち場での役割をしっかりこなし、任せていただける仕事の幅を広げたいと思います。また、中学生の頃から海外で働きたいという夢をずっと抱いているので、将来的にはecole UMEDAのWライセンスで取得した調理師と製菓衛生師の資格を活かし、海外のカフェやホテルで働くことが夢。そのために、高校時代に続けていた英会話の勉強を、もう一度始めたいと考えています。ホテルという大きな舞台で働ける毎日を、夢の実現へと結び付けられるよう、今後も一日、一日の経験を大切にしていきます。

先輩方と連携し、効率よくスムーズに進めることが大切

塚本 陽子さん

『ホテルモントレ ラ・スール大阪』調理部宴会調理課 勤務/調理師科(Wライセンスシステム)/2014年3月卒/海外で働く将来を見据えて、数多くの経験が積めるホテルへの就職をめざした塚本さん。実は現在の職場とは不思議な縁があったとか。「中学時代の職業体験で訪れたのが、まだオープン前だったこのホテル。当時はまさか、本当に働くことになるとか夢にも思いませんでしたけど…」。就職へのステップとなった専門学校選びも、実践的な環境にとことんこだわった。「ecole UMEDAを選んだのは、毎日の実習が決め手でした。製菓と調理の両方が学べるWライセンスも、将来の選択肢を広げてくれましたね」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA(専修学校/大阪)