• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 加藤 雄大さん(Wライセンスシステム(2年制)/調理師)

大好きな料理の世界で成長を実感できる毎日が楽しい!

先輩の仕事紹介

ホテルの名にふさわしい料理人をめざして。妥協のない仕事で感動のひと皿を届けたい

調理師
Wライセンスシステム 卒/2018年卒
加藤 雄大さん

この仕事の魅力・やりがい

ホテルの調理師の仕事には幅広い活躍の場があり、私は1年目からレストラン『アマデウス』に所属。3つあるポジションのうち「コール場」や「フライヤー」を経て、現在は「ストーブ」をメインに担当するほか、リーダー役も担っています。ポジション的にシェフと関わる機会も多く、食材の発注やスタッフへの指示出しなど、調理のほかにも責任ある仕事を任される毎日が楽しいですね。調理師として感じる一番のやりがいは自分自身の成長。特に盛り付けの表現力が広がっており、ホテルという華やかな舞台で通用する料理をご提供できることは大きな自信になります。今後も美術作品の研究を続けて、お客様に感動的なひと皿をお届けしたいですね。

学校で学んだこと・学生時代

調理+製菓の2つの国家資格取得を目指せるコース、Wライセンスと実習の多さに魅かれて入学したDAICHOの2年間は、とても充実したものでした。専攻実習で選んだ分野はもちろん西洋料理。レシピからフランス語で学ぶ高度な実習をはじめ、日々の実習のおかげでプロのキャリアをスムーズに踏み出せました。また、世界で活躍されてきた先生の体験談は私に高い目標を与えてくれたほか、同じ夢を追った当時の仲間は、卒業後も刺激を受け合える良きライバルに。2年次の卒業料理創作展ではコース料理のコンテストに参加。銀賞に終わった当時の悔しさが、常に自分を高めるという現在のスタンスにつながっています。

DAICHOの学びに支えられる場面は数多くあります

これからかなえたい夢・目標

『ウェスティンホテル』の品格を守るためにも、後輩たちの良き手本となるためにも、自分に一切の妥協を許さず調理技術を高めることが私の目標。この職場で学べるすべてを自分のものにしたいと思っています。もうひとつ、大きな夢として抱いているのが、食の本場・フランスへの留学。そのきっかけは調理師として高みをめざし続ける大切さを教えてくれた先生の言葉と、世界の広さを実感した在学中の海外研修。現地の技術や食材を深く学び、異文化の中でさらなる感性を磨いて、より広い視野を持つ調理師へと成長したいんです。もちろんすべては、この日本でおいしい西洋料理を広げるため。何十年先までずっと私の勉強の日々は終わりません!

このホテルの名にふさわしい料理人をめざします

加藤 雄大さん

ウェスティンホテル大阪 勤務/Wライセンスシステム 卒/2018年卒/学生時代もプロになった今も、料理を楽しむ心と自分自身への厳しさを持ち続ける加藤さん。そんな彼がこの道をめざし始めたのは中学の時。「おいしいものが食べたくなり、初めて自分でカルボナーラを作ったんです。だけどお店の味とは全然違う。その理由を追究したくなり、母の手伝いまで始めました(笑)」。当時から“おいしさへの探求心”は変わらないまま。少しの時間も技術や感性の向上に費やす。「技術を高めるには、やはり手を動かすこと。その意味でもDAICHOの毎日実習は本当に価値があります。食の世界をめざすなら学びの環境をぜひ大切にしてほしいですね」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA(専修学校/大阪)