• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 遊免 琴乃さん(製菓総合本科(2年制)/パン職人)

DAICHO出身者が多い職場なのでとても心強いです

先輩の仕事紹介

オリジナルパンの開発にチャレンジ!いつの日かお店を代表する人気商品を生み出したい

パン職人
製菓総合本科/2015年卒
遊免 琴乃さん

この仕事の魅力・やりがい

ベーカリーカフェ「サニーサイド」で働き始めて4年。これまで生地作りから分割、成形、発酵、トッピング、焼き上げまで、製造の全工程に携わりました。毎日生地を扱っていて感じることは、パンは「生き物」だということです。生地をうまくコントロールするには知識と経験が必要なので、専門学校で学んでおいて本当によかったと思います。私がこの会社で働きたいと思った理由は、社員にさまざまなチャンスを与えてくれるから。例えば、入社1年目の新人でも商品開発に参加することができるのです。最近は後輩の育成を任されるようにもなり、責任とやりがいを感じながら、社会人として少しずつ前に進んでいる自分を実感しています。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は毎日の実習の中で多くのことを学びました。中でも一番印象に残っている授業は、大丸梅田店に出店し、プロのパティスリーと同じ舞台でスイーツの販売にチャレンジする「DAICHO×大丸百貨店産学接続プロジェクト」です。百貨店での販売は授業で作る何倍もの量を仕込むほか、高いクオリティも求められるため、いかに段取りよく精度高く進めるか、皆でアイデアを出し合いながら製造しました。店頭にずらりと商品が並び、お客様が立ち止まってくださった時はとても嬉しかったです。こうした体験や普段の実習を通じて、仲間とコミュニケーションを取りながら作業を進めることの大切さを学び、今の職場でも役立てることができています。

売り場の様子を確認しながらパンを焼き上げていきます

これからかなえたい夢・目標

日々の仕事をこなしながら、商品開発にも取り組んでいます。私のこだわりは、旬の素材を使って季節感を出すこと。試作を繰り返して“これだ!”と思うパンが完成したら、商品化できるかどうか店長に判断していただきます。現在、店頭には私のオリジナルパンが4種類並んでいるのですが、それらが売れていく様子を見ると本当に嬉しくなりますし、また頑張ろうという気持ちになりますね。これからの目標は、お店の一番人気のパンを超える商品を考案することです。そのために、常にいくつものアイデアをあたためています。これからも経験を積み、パン作りに役立つさまざまな情報をインプットして、いつか大ヒット商品を生み出したいです。

何度も試作を重ねた私のオリジナルパンです!

遊免 琴乃さん

ベーカリーカフェ「サニーサイド」箕面小野原店 勤務/製菓総合本科/2015年卒/将来役立つ技術を身につけたいという思いから、大阪調理製菓専門学校ecole UMEDAに入学。最初はパティシエを目指していたものの、パン作りの面白さと奥深さに魅了され、卒業後は兵庫・大阪に5店舗を構えるサニーサイドへ入社。日常の業務をこなしつつ、商品開発にも取り組んでいる。ここでさまざまな経験を積み、いつの日か地元の三重県に戻って小さな店を持つことが将来の夢。「パン職人は早朝から仕事がスタート!その分、お昼過ぎには仕事が終わり帰宅できるため、仕事とプライベートがバランスよく楽しめています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪調理製菓専門学校ecole UMEDA(専修学校/大阪)