• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 出雲医療看護専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 言語聴覚士学科 3年制

島根県認可/専修学校/島根

イズモイリョウカンゴセンモンガッコウ

言語聴覚士学科 3年制

募集人数:
40人

話す・聞く・食べることに関するリハビリテーションを通して、患者さんとその家族をサポートする言語聴覚士になる

学べる学問
  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

初年度納入金:2017年度納入金 130万円  (別途教科書代等)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

3年間でコミュニケーションや嚥下障がいのある患者さんや家族をサポートできる言語聴覚士を養成
専門学校の特色を活かし、3年間で言語聴覚士を目指します。基礎知識や医学的知識・専門的知識・技術を幅広く学習し、ことばや聴こえや飲み込みに障がいを持つ患者さん一人ひとりを支え、そしてその家族も支えることのできる言語聴覚士を育成します。

カリキュラム

言語・聴覚・嚥下に関する知識とともに豊かな人間性を身につける
言語学、聴覚障がい、発声、カウンセリング、心理学など、医療・心理の幅広い分野をカバーしたカリキュラムを組みます。また一緒に働く同じリハビリテーションの理学療法士や作業療法士などの仕事も知り、ことばや聴こえの障がいをさまざまな角度から学び、チームを組んで一緒に患者さんをサポートする役割なども学びます。

授業

 国家試験全員合格を目指し、早い時期から試験対策に取り組む
言語聴覚士として医療現場での経験を持つ専任教員のもと、ポイントを絞り理解できるまで丁寧に行う授業など、早くから試験対策を行います。もちろん全員合格が目標。クラスみんながひとつになって試験対策に取り組むので、仲間との絆をより深めつつしっかりと充実した対策ができます。

卒業後

言語聴覚士として、病院や福祉施設でその人らしい生活をサポートする
言語聴覚士として、病院などの医療機関をはじめ、福祉施設、教育機関などで、患者さん一人ひとりに合った訓練や指導、アドバイスを行い、その人らしい生活をサポートします。また企業において、聴覚に障がいを持つ方に、補聴器の調整などをサポートします。

施設・設備

聴覚検査機器や言語訓練装置など、言語聴覚士を育成するのに必要な最新の施設・設備を用意
患者さんの検査法や訓練法などを学ぶ「教材作成室」や、音声分析装置、音響学実習用機器など最新の機器を完備した「聴覚検査室」など、言語聴覚士としての実力を養う施設・設備が整っています。

研修制度

アメリカの大学や病院などの見学を行う海外研修
2年次に、約1週間の日程で海外研修を行います。現地の同じ分野を学ぶ学生と一緒にゼミ講義を受けたり、病院や福祉施設を見学。文化や風習の違い、また医療・保健・福祉の先進事情を知ることで、グローバルな視点とより深い専門知識を得ることができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    出雲市民病院 、 出雲市民リハビリテーション病院 、 つわぶき保育園 、 あさひ園 、 安来市立病院 、 錦海リハビリテーション病院 、 津山第一病院 、 ふじわら医院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒693-0001 島根県出雲市今市町1151-1
フリーダイヤル0120-868-123
info@icmn.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
島根県出雲市今市町1151-1 JR「出雲市」駅から徒歩 3分
電鉄「出雲市」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


出雲医療看護専門学校(専修学校/島根)