• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 出雲医療看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 杉原 翔太さん(理学療法士学科 3年制/理学療法士)

島根県認可/専修学校/島根

イズモイリョウカンゴセンモンガッコウ

患者様の状態が良くなっていくのは嬉しいですね

先輩の仕事紹介

信頼される理学療法士になれるように、積極的にコミュニケーションを取っていきたい

理学療法士
理学療法士学科/2017年卒
杉原 翔太さん

この仕事の魅力・やりがい

脳血管・整形・廃用症候群の患者様を担当しています。脳血管に興味を持ったのは学生時代の実習がきっかけ。本当に、脳血管は多彩で考え方も原因も様々あり、知れば知るほど興味が絶えないですね。リハビリも整形と比べると脳血管の方が大きな事をしていると個人的に思います。リハビリを施すことで、患者様の状態が徐々に良くなっていく傾向を目の当たりにするのは、大変興味深いです。また、そのような傾向が多くなると自身のリハビリ能力も上がるし、成果が見えやすくなってきます。やはり結果や変化が出てくると、この仕事のやりがいを感じますね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

父と祖父が病気をしていて病院に行くことが多く、自然とそこで働く人たちに憧れ、将来は医療職を目指そうと思っていました。数ある医療職の中でも看護師がいいかなと思っていましたが、スポーツ中に捻挫をしてリハビリをすることになり、初めて理学療法士という存在を知りました。リハビリ中に、理学療法士の方に話を色々と聞いたり、仕事ぶりを見て単純にカッコイイという思いと、こっちの方が自分にも合っていると思い、理学療法士を目指して、入学を決めました。

高校の頃から将来は医療職に就くと決めていました

これからかなえたい夢・目標

医師・看護師・作業療法士・理学療法士・ソーシャルワーカーたちとチーム医療で情報共有をしながら仕事をしています。はじめの頃は、どうやって他職種の方たちと関わっていくか分かりませんでしたが、先輩に教えてもらいながら徐々に慣れて、最近では自分からも提案など言えるようになりました。やはり黙っていては分からないことも多くなりますので、今後もチームの中で積極的に動いていきたいですね。自分からコミュニケーションを取ることが大切だと身に染みて感じています。今後は、理学療法士としてさらに信頼してもらえるよう、患者様に対しても積極的にコミュニケーションを図って行きたいです。

社会に出て人との付き合い方が成長しました

杉原 翔太さん

出雲市民リハビリテーション病院勤務/理学療法士学科/2017年卒/将来は医療職に就くと決めていた杉原さん。当初は看護師を目指していたが、スポーツ中の怪我でリハビリを受けることになったことをきっかけに理学療法士の存在を知ることに。色々と話を聞いていくうちに、理学療法士の方が自分に合っていると思い、目指すことに。その後、出雲医療看護専門学校に入学。卒業後は、出雲市民リハビリテーション病院で理学療法士として活躍中です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

出雲医療看護専門学校(専修学校/島根)