• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 札幌保健医療大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 篠崎 桃子さん(保健医療学部 看護学科/看護師)

夜勤中もしっかりと見回り安全を確認!看護師として働くことに充実感があります。

先輩の仕事紹介

患者さんが良くなって退院する姿を見ると、看護師としてとてもやりがいを感じます!

看護師
保健医療学部 看護学科/2019年卒
篠崎 桃子さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

急性期病棟の看護師として患者さんのケアを行っています。一人ひとりに丁寧なケアが必要なので大変なこともありますが、患者さんが、私に心を開いてくれて、少しのことでも相談してくれたり、頼りになると言っていただいた時はとても嬉しく、やりがいを感じました。看護師の仕事では、患者さんの情報共有を正確にスムーズに行うため、他職種や同職種との連携がとても大事。日々、同僚や関係者間での円滑なコミュニケーションを意識しています。今後は、もっと疾患について知識を深めて、病状が急変したときも冷静に対応できるようになりたい。患者さんが安心できて、もっともっと笑顔になれるような看護師を目指したいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校2年生の頃、病気で入院した時に看護師さんの姿を見て、看護師という仕事に興味を持ちました。それがきっかけで看護の道を目指すことに。大学では、様々な病院や施設で実習ができたので、自分の理想の看護師像がイメージでき、自分に合った環境を探すことができました。患者さんの1番の想いを汲み取るために、特にコミュニケーションについて学びました。実習で患者さんから「誰にも言ってないんだけどね…」と本音を聞き出せた時には、寄り添える看護ができた!と感じて嬉しかったです。実習や演習で学んだ実技や関わり方を活かし、今の現場で実践しています。やはり、様々なところで実習ができたことが1番良かったと思います。

心電図のモニターは頻回に確認します。

分野選びの視点・アドバイス

仕事では、患者さんの命に関わる情報共有をするので、他職種や同職種との連携がとても重要。患者さんやスタッフへの挨拶はもちろん、プライバシーの配慮も大事にしています。患者さんは、高齢の方や子供さんまで幅広いため、大きな声でハキハキと受け答えをする心配りが大切です。また、患者さんのお話をよく聞くことも非常に重要なスキルなので、普段から人の話を傾聴することを心がけています。患者さんやご家族、医療スタッフに至るまで、話にしっかり耳を傾け、容認しつつ、自分の意見を述べるようにしています。否定するのでなく、受け入れることで、皆が納得して話がまとまるようになりました。

記録もたくさんあり、細かく患者さんの情報を共有します。

篠崎 桃子さん

医療法人 札幌東徳洲会病院/保健医療学部 看護学科/2019年卒/高校生のころ、自身が入院した経験から看護師を目指すことを決意。現在では、札幌東徳洲会病院で急性期病棟の看護師として活躍する篠崎さん。職場の雰囲気が明るく、元気なムードにあふれていて、職員の方が患者さんを笑顔にしている姿を見て、この病院に決めたそう。北海道の中でも救急搬送を数多く受け入れているため、命に直結する重症な患者さんも多く、日々緊迫感のある職場環境だが、「もっと疾患について知識を深め、急変にも対応していきたい。そして、患者さんをもっともっと笑顔にしていきたい」と優しい表情で語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

札幌保健医療大学(私立大学/北海道)
RECRUIT