• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 札幌保健医療大学
  • 先生・教授一覧
  • 荒川 義人教授(食べ物と健康)

私立大学/北海道

サッポロホケンイリョウダイガク

「食べ物と健康」を学ぶことで広がる将来の仕事

右へ
左へ

企業との食品開発や栄養サポートなど、体験を通じて実践力を育みます!

専門知識と実践を合わせた「実学」を学べる環境のなか、さまざまな体験を通して管理栄養士に必要なスキルを身につけていきます。学科長の荒川義人先生と加藤優月さん、田伏加奈さんに具体的なお話をうかがいました。

食べ物と健康
保健医療学部 栄養学科
荒川 義人教授
  • 専門科目:食品科学
  • 北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。大学で教鞭を執るかたわら、北海道食育コーディネーター会議座長などを務め、テレビ、ラジオ等の番組にも多数出演。
公務員、医療、食品開発、スポーツ分野など、進路は多彩です!

1年次から体験活動を展開。学んだ知識を実践の場で活用します

即戦力として、さまざまな分野で活躍できる管理栄養士の養成を目標に、知識や技術の修得だけではなく、実践力と社会性を育む課外活動にも力を入れています。大学農園での栽培加工、プロバスケットチーム「レバンガ北海道」の栄養サポート、食品メーカーとのコラボによる食品開発など、1年次から「食」の仕事に関わる機会が豊富。学んだ知識が社会の中でどう生かされるか、在学中に体験することで、進みたい道が見つかります。

キャンパスのすぐ側にある大学農園で、札幌の伝統野菜などを栽培

右へ
左へ

育てた野菜が製品に! その経験を生かすためにも食品開発の分野に進みたい

加藤 優月さん(2年)

大学のブランド食品を開発したい!

専門知識を学ぶとともに、商品開発サークルの代表として企業と食品開発に取り組み、身につけた知識が役立っていることを実感しています。自分が関わった商品が店頭に並んだときの喜びもひとしおです。しかも、素材として使ったのは自分たちが育てた野菜。それが製品になるまでのプロセスを経験し、将来は食品開発の道へ進みたいと思うようになりました。多くの人とふれあい、コミュニケーション能力が養われたのも大きな収穫です。

体作りに欠かせない「食」。夢はスポーツ選手を支える管理栄養士になること

高校時代、部活でバスケットボールをやっていたこともあり、「レバンガ北海道」の栄養サポートを行うこの大学を志望。実際、プロの選手とふれあったり、ユースチームと関わる機会も多く、スポーツ栄養への興味が深まりました。自分自身ケガに泣かされたこともあり、スポーツに取り組むうえで、「食」や「栄養」が体作りにいかに大切かを実践で学んでいます。将来は、スポーツの分野で活躍する管理栄養士になるのが目標です。

田伏 加奈さん(1年)

「レバンガ札幌」への栄養サポートの手伝いも経験

1年次から国家試験の勉強も

右へ
左へ

高校生へのメッセージ

管理栄養士の職域は幅広く、選択肢も多様です。管理栄養士という国家資格があれば、いずれの方向にも進むことができ、やりがいも十分。人と食は切り離せないため、経験を積むほど資格が持つ重みを実感するはずです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

札幌保健医療大学(私立大学/北海道)