• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 愛犬美容看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 坪田 瑠奈さん(動物看護科/動物看護師)

「動物が好き」を仕事に

右へ
左へ

体の仕組み、治療、薬など幅広く学び、ペットの健康を守る動物看護師

動物の運動器やその働きを調節する神経の病気、ケガの治療に特化した「北海道動物運動器病院」で動物看護師として働く坪田さん。現場での仕事内容や、やりがい・魅力を教えてもらいました。

動物看護師
動物看護科 卒
(2018年卒業)
坪田 瑠奈さん
  • 北海道動物運動器病院
  • 北海道 北海道留萌高等学校 卒
快復して走る動物、見守る飼い主様の笑顔を見るのがうれしい

動物が歩く、走る、生きる活力を支える「運動器」の機能改善をサポート

レントゲンやCT検査では、動物の保定が重要な役割

難しい手術が多く、獣医師とのチームワークがとても大切です。

運動器(筋、靭帯、骨、関節)の病気やケガの治療を専門とした動物病院に勤務しています。整形外科分野なので手術がとても多く、不安を感じる飼い主様が少しでも安心できるように笑顔で接することを心がけています。動物は言葉を話せないので、飼い主様とのコミュニケーションを大切にして状態や症状をヒヤリングするようにしています。動物医療も新しい情報や技術がたくさんあるので、日々勉強です。

実践的な授業が多いから、動物を扱うことへの自信をつけることもできました

診断の精度を高めるため、血液検査などは大切な仕事です。

丁寧かつ迅速に処方薬を準備。間違いのないよう気をつけています

オーキャンの看護実習で動物看護師をめざすと決め、就職実績の高い愛犬美容看護専門学校に進学。動物の形態および機能学、病理学、栄養学、薬理学などの講義をはじめ、実習では臨床検査や外科手術、トリミング等を学びました。勤めてから学ぶこともたくさんありますが、看護実習など実践的な内容が多かったので、いまの仕事に役立っています。また、手術前に毛を刈ることも多いのでトリミングの知識と資格が役立っています。

家族である伴侶動物(ペット)の健康は、人の心の健康にも繋がります

動物たちが歩けるようになるようリハビリの手伝いもします

手術の準備や片付けなど衛生管理は重要な仕事のひとつです

昔から動物が好きで、病気やケガを患う動物たちを助け、回復の手助けをしたいと思い動物看護師を目指しました。動物が元気になることで、動物だけでなく飼い主様の笑顔や、心豊かな生活に繋がるので、動物看護師は動物とその家族にも貢献できる仕事だと思います。これからもさらなる専門知識と技術を身につけ、“動物とその家族のしあわせ”を作るお手伝いをしていきたいです。

北海道動物運動器病院の院長先生からのメッセージ

  • 泉澤 康晴先生/酪農学園大学で教授、附属動物病院長を務め、2014年に北海道動物運動器病院開業。「動物運動器」治療・研究面で活躍中。

動物看護師は動物はもちろん人も好きであることが理想。向上心と協調性を大切にキャリアもスキルもアップしてほしい。大変なことを乗り越えると得られるものもあるので、挑戦して成長し続けて欲しいですね。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

愛犬美容看護専門学校(専修学校/北海道)