• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京ウェディング・ホテル専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 守屋 佳蓮さん(ウェディング科(2年制) ブライダルフラワー専攻/バンケットフロアアテンダント)

いつも笑顔を忘れずにお客様と向き合います

先輩の仕事紹介

ゲストが希望していることを、さりげなく自然に提供。ゲストの笑顔が最高のご褒美です

バンケットフロアアテンダント
ウェディング科/2019年3月卒
守屋 佳蓮さん

この仕事の魅力・やりがい

ホテルのバンケットフロア(宴会場)で行われる婚礼や一般宴席のご案内、クローク、行灯作成、婚礼お持ち込み品の預かり確認、打ち合わせ時のお茶出しなどを担当しています。また婚礼がある日は介添えも務めます。婚礼などが滞りなくスムーズに進行できるよう、サポートする仕事ですが、当日は緊張されているお客様も多いので、お客様のお気持ちに寄り添いながらお手伝いできるよう心掛けています。印象に残っているのは、以前介添えを担当させていただいたお二人。最初はガチガチに緊張されていましたが、挙式後に「あなたがいてくれたから緊張せず式を楽しむことができました」と言ってくださったときは、本当に嬉しかったです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともとは美容系の専門学校への入学を考えていて、オープンキャンパスに参加したんです。そこでブライダルの学科もあることを知り、ブライダル業界の仕事に興味を持つように。入学してブライダルやホテルの仕事を学ぶうちに、どんどん仕事への意欲がわいてきました。専門学校を訪問する方は、ある程度将来の目標を決めていることが多いと思いますが、私のように偶然の出会いから別の職種に興味を持つこともあります。高校生にはチャンスがいっぱい。視野を広げて「おもしろそう」と思うものに出会ったら、少しでも話を聞いてみてください。それがあなたにとって、かけがえのない一生の仕事につながるかもしれませんよ。

ゲストが気持ちよく時間を過ごしていただけるよう心がけています

学校で学んだこと・学生時代

専門学校時代は、1年半実習を経験し、その後アルバイトもして経験値を積みました。サービス全般を学ぶことができたので、入社後の仕事の流れもよくわかり、スムーズに仕事に入ることができました。専門的な学び以外の活動も多く、私はダンス部に所属。ブライダルとは関係のないことにも全力で取り組むことができた学生時代でした。また、就職活動時の先生方のサポートも忘れることができません。うまくいかなくて落ち込んでいるときに、何度も涙を拭いてもらい、励ましてもらいました。今、仕事でつらいことがあるときに思い出すのもそうした先生方のあたたかいサポート。それが私の心の支えになっています。

就活の時期は何度も先生に励ましてもらいました。今でもその感謝の気持が頑張りにつながっています

守屋 佳蓮さん

ヒルトン東京ベイ BQ Floor Atendant/ウェディング科/2019年3月卒/千葉県出身。専門学校卒業後はホテルに就職。バンケットフロアでのサポート全般を担当している。「ホテルに就職してよかったなと思うのは、ゲストがいつでも来館しやすいこと。挙式後にホテルを訪ねて会いにきてくださることも多いんですよ」と笑顔で語る。専門学校時代は、実習やアルバイトでサービス業の現場感を養った。「本校は実習時間が他校に比べて圧倒的に多いことが大きな魅力でした。授業と並行して経験を積めますし、しかも有給。お金をいただいて行うからこそ、責任感も身に付きました」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京ウェディング・ホテル専門学校(専修学校/東京)