• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京ウェディング・ホテル専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 久保田 優希さん(ウェディング科(2年制) ウェディングプランナー専攻/ウェディングプランナー)

お客様との信頼関係を大切にしています

先輩の仕事紹介

初めて会ったときから「信頼できそう」と思っていただけるプランナーを目指しています

ウェディングプランナー
ウェディング科 ウェディングプランナー専攻/2019年3月卒
久保田 優希さん

この仕事の魅力・やりがい

打ち合わせプランナーとして挙式のプランづくりを担当しています。式当日のおよそ4カ月前からお打合せをスタートし、計4回打ち合わせをして当日を迎えます。たった一日のために、何度も来ていただくことは、お客様にご負担もおかけしますが、よりよいプランづくりのためには欠かせないので、打ち合わせの1回1回を大切にしています。最終打ち合わせの際、「久保田さんとの打ち合わせが終わっちゃうのが寂しいです」と言っていただいたり、挙式後に直接お礼の言葉をかけていただくのは、言葉では表現できないほど嬉しいもの。大変だけど、ステキな一日のためのお手伝いができるのは、本当に幸せなことだと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生の頃、いとこの結婚式に参加し、余興でダンスを踊りました。楽しみにはしていたものの、いざ本番となると緊張でいっぱいいっぱいになってしまった私に、「大丈夫だよ。頑張って」とやさしく声をかけてくれたのが、ウェディングプランナーさんでした。そのときからプランナーの仕事に興味を持ち、いつしか本気で目指すように。学校選びは東京都内だけでなく、地元の静岡県内の学校も含めて検討しました。最終的に本校に決めたのは、他校に比べて圧倒的に現場実習の時間が多かったこと、そしてオープンキャンパスに参加した際「私もこうなりたい」と憧れるようなたくさんの先輩たちと出会うことができたからです。

お花、写真、映像、演出などまだまだ覚えることはたくさんあります

学校で学んだこと・学生時代

本校は現場実習がとても多いので、入社前から挙式や披露宴の流れをある程度把握することができます。とはいえ、すぐにプロとして完璧に仕事ができるわけではありません。実習と本物の結婚式はやっぱり違いますからね。実際仕事に就いてみると、想像していた以上に大変だなあ、と落ち込むこともしばしば。でもそんなときに頼れるのが、専門学校時代の仲間たち。みんな別々の場所で仕事をしていますが、みんなが頑張っている話を聞くと、私も頑張ろうと意欲がわいてくるんです。こうしたかけがえのない仲間と知り合うことができたのも本校で学べたおかげ。みんな一生つきあっていきたい仲間ばかりです。

私も憧れられるウェディングプランナーになれるように毎日頑張っています

久保田 優希さん

株式会社エスクリ勤務/ウェディング科 ウェディングプランナー専攻/2019年3月卒/静岡県出身。本校卒業後は株式会社エスクリに入社。「女性の活躍をしっかりサポートしてくれる会社で、さらに年次やキャリアに関係なく挑戦できる社内公募制度にも魅力を感じ、入社を決めました」と語る。「とはいえ、入社2年目はまだまだ経験が浅く、覚えることがたくさん。挙式の演出もお客様によって異なりますし、失敗が許されない仕事なので常に緊張感があります。一日一日を大切にして、プランナーとして成長したいですね」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京ウェディング・ホテル専門学校(専修学校/東京)