• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • お茶の水はりきゅう専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小相澤 紀彦さん(はり師きゅう師学科(昼間部)/はり師・きゅう師)

東京都認可/専修学校/東京

オチャノミズハリキュウセンモンガッコウ

患者さん一人ひとりにベストな施術を心がけています

先輩の仕事紹介

「軽くなった」「ラクになった」と患者さんから笑顔で感謝される!うれしい毎日です。

はり師・きゅう師
はり師きゅう師学科(夜間部)/2016年3月卒/長野県立小諸商業高等学校出身
小相澤 紀彦さん

この仕事の魅力・やりがい

「たくさんの人の笑顔を生み出せる」のが、はり師きゅう師のいちばんの魅力だと思います。鍼灸院には毎日、ぎっくり腰で歩くのが大変、膝が痛くて辛い等々、さまざまの症状の患者さんが来院されます。苦しそうな表情の方も多いのですが、私なりに診断をして、どこに問題があるか見きわめたうえで、はりやマッサージを行うと、「動きが軽くなった」「痛みが減ってラクになった」と感謝され、笑顔でお帰りになります。美容のために来られる若い女性から、スポーツでケガをした学生、そして中高年の患者さんまで、幅広い年代の方と会話しながら診断・施術をするのも楽しいですね。人と接して人に喜ばれる!うれしい仕事だと実感しています。

学校で学んだこと・学生時代

親に負担をかけたくなくて、働きながら学べる夜間部を選びました。少人数クラスなので、3年間みんなで一緒に国家試験合格をめざす、楽しい雰囲気のなかで頑張れました。先生がたとの距離が近く、何でもすぐに質問・相談できたのも良かったですね。授業では、解剖学で骨や筋肉など体の構造、東洋医学でツボや経絡をしっかり理解できたのが、とても役に立っています。学生同士ではりを打ったり、1階の附属治療院で臨床実習をしたり実践的な実技も十分に体験できました。さらに美容鍼やトリガーポイント(コリや痛みの最も強いところ)、中医学等、いろいろな知識・技術を習得できたことなど、学校での勉強のすべてが今の仕事につながっています。

はり治療では、指先に伝わってくる感触に全神経を集中

これからかなえたい夢・目標

高校時代、鍼灸と柔道整復の道に進もうと思ったときから、将来必ず地元の長野県上田市に自分の鍼灸接骨院を開業しようと目標を決めていました。この仕事では国家資格を取得した後、いかに現場で数々の経験を積み、診断や施術の引出しをどれだけ多く持てるかが大事なので、そのために今ハロー鍼灸院で修業しているところなのです。自分が生まれ育った故郷で、思いきり腕をふるって施術に取り組み、一人でも多くの方を笑顔にできたら、これ以上の喜びはないでしょう。そしてそれが、これまで私の希望を理解して応援してくれた両親へのなによりの恩返しになると信じ、数年後の開業をめざして一歩一歩、準備を進めています。

金原院長もお茶の水はりきゅう専門学校の卒業生です

小相澤 紀彦さん

ハロー鍼灸整骨治療院勤務 鍼灸師・柔道整復師/はり師きゅう師学科(夜間部)/2016年3月卒/長野県立小諸商業高等学校出身/小学校1年から始めた柔道は2段の有段者ですが、高校のときに試合で膝に大ケガをして入院。「リハビリの先生にお世話になったのがきっかけで、医療系の仕事をめざそうと思った」そうです。「自分には、柔道とも関わりがあり、独立して開業できる柔道整復師と鍼灸師が向いている」と考えて上京。整骨院で働きながら、最初に姉妹校で学んで柔道整復師の国家資格を取得した後、お茶の水はりきゅう専門学校に進学し、鍼灸師の国家資格を取得、という頑張り屋です。趣味はカラオケと絵画、という意外?な一面も。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
お茶の水はりきゅう専門学校(専修学校/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路