• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 赤堀製菓専門学校
  • 好奇心の授業一覧
  • 大失敗から生まれた!?  フランスのアップルパイ【タルトタタン】

東京都認可/専修学校/東京

アカホリセイカセンモンガッコウ

好奇心の授業

くらし・食べもの
大失敗から生まれた!?  フランスのアップルパイ【タルトタタン】
テーマphoto
サクサクのパイ生地に、しっとりキャラメル状のリンゴ
伝統スイーツに隠された、意外な誕生ストーリー
みなさん、タルト・タタンを食べたことはありますか?パリパリ、サクサクのパイ生地の上にキャラメル状のリンゴが敷き詰められた、フランス伝統のスイーツです。これがなんと、うっかりミスから偶然生まれた新しいアップルパイだったってこと、知っていましたか?
とっさの機転でパイ生地をかぶせたら…
19世紀フランス・サントル地方の、とあるホテルでは、そのオーナーの娘であるステファニー・タタン(1838-1917)がホテル・レストランのキッチンを担当していました。アップルパイは、型にパイ生地を敷き詰めて、リンゴと砂糖、バターを包んでオーブンで焼くのですが、ステファニーはうっかり生地を敷かずに、パイの中身だけでオーブンに入れてしまったのです。ところが、これによって偶然、えもいわれぬ美味しさの焼きリンゴができあがることに。そこで機転を利かせたステファニー。とっさにパイ生地を上からかぶせて焼き上げ、ひっくり返してお客様に出しました。その結果、リンゴはしっとりパイ生地はサクっとした、独特のスイーツになったのです。
失敗から、新しいものが生まれる
タルト・タタンに隠された歴史、それが教えてくれるのは、先人たちの知恵と工夫。そして失敗だって味方につけてしまうチャレンジ精神です。今は情報があふれているから、ついつい何でも頼ってしまいがちだけれど、新しいものを作るときには、何でも自分でやってみて、確かめてみることが大切です。特に現在、スイーツ業界はコンビニを始め、新しいレシピを開発できる人材を求めています。仕事によっては、毎週数種類のレシピの提出を求められることもあります。たとえ失敗したとしても、そこからヒントを得て、また新しいものを創ろうと思ってほしいですね。
これって実は・・・食文化学
学べるのは、ココ!
赤堀製菓専門学校 パティシエ科 
photo
パティシエとして必要な技術はもちろん、和菓子や細工菓子、製パンなど、幅広い知識や技術、さらには食文化やプロの現場で役立つフランス語まで身につけられます。また、「実際のお店で通用する技術が身についているか不安」という学生の声に応えるため、メニューやレシピ作りなど下準備からすべて学生が行い、一般のお客様に商品・サービスを提供する「スクールカフェ体験プログラム」を行っています。放課後は実習室を自由に使えるので、この体験プログラムに向けた練習や、家族・友人の誕生日ケーキ作りなどに利用してもOK!一人ひとりの技術力アップをバックアップしています。最終的には、国家資格である『製菓衛生師』の取得を目指します。

赤堀製菓専門学校(専修学校/東京)