• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • その他教育機関を探す
  • バンタンデザイン研究所 東京校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 勝 恵理子さん(ヘアメイク学部/ヘアメイクアーティスト)

エアブラシを使ったメイクは崩れにくく、撮影で人気!

先輩の仕事紹介

アーティストと一緒に素晴らしい作品創りに携われるのが魅力!

ヘアメイクアーティスト
ヘアメイク学部 卒/2003年卒
勝 恵理子さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、歌手や俳優、タレントなど、様々なアーティストのヘアメイクを手がけています。コンサートツアーに同行するときもあれば、TVやイベント、PVの撮影もあり、現場によってヘアメイクの仕方を変えていくのが腕の見せどころ。例えばその日のアーティストのスタイリングを見て、それに合ったヘアメイクをプレゼンするのですが、私の場合はデザイン画を描き、仕上がりのイメージをアーティストと事前に共有しておくことが多いですね。自分らしいヘアメイクを提案しながらも、アーティストの個性を大切に考え、コミュニケーションをはかっていきます。“一緒にいいものを創ろう”というスタンスで接することを、なにより大切に考えています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

女性が一人で、自分らしく生きていける仕事を考えたときに、まず手に職となる技術を身につける必要があると思いました。もともと美容や映像業界に興味があったことから、ヘアメイクアーティストを志すことに。バンタンでは、プロのヘアメイクでもある先生から、現場で必要な知識や最新のトレンドを学び、現場の即戦力を養成。卒業後はヘアサロンのブレードトレーナーとして腕を磨き、海外のエージェントに所属。渡航先では特殊メイクを学ぶなど、“勝恵理子ならではのヘアメイク”を確立するための努力を続けました。現在は育児と両立しながら、フリーで活動しています。今後も自分らしさを大切にしながら、働き続けたいですね。

これまでの作品はポートフォリオにまとめています

分野選びの視点・アドバイス

プロのヘアメイクに必要なのは、現場対応力ですね。動画撮影とスチール撮影が違うように、ショーやTV・雑誌など、その現場にあったヘアメイクの仕方があります。バンタンで幅広く学んだおかげで、今、どんな現場にいても対応できています。それに、バンタンはインターンシップが充実しているので、コスメブランドやサロンのほか、雑誌や映画などの多様なメディアで、在学中から実践経験を積むことができます。なにより現役で活躍中のプロ講師から、現場の話を聞けるところがバンタンの魅力ですね。私自身、母校のバンタンで教えることがあり、講演会ではデモンストレーションを通して、現場で求められる技術やプロの心構えを教えています。

母校のバンタンでブレードの技術を教えているところ

勝 恵理子さん

ヘアメイクアーティスト(フリーランス)/ヘアメイク学部 卒/2003年卒/FEBBRAIO DI ALESのブレードトレーナーから、MINGLE AGENCY所属のヘアメイクアーティストに。2009年に渡英し、メイクアップアーティスト Dominie Tillに師事。現在はフリーランスで活動中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

バンタンデザイン研究所 東京校(その他教育機関/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路