• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • その他教育機関を探す
  • その他教育機関
  • 北海道
  • 総合学園ヒューマンアカデミー札幌校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 石黒 慧さん(ゲームカレッジ/ゲームプランナー(ディレクター))

疑問を一つひとつ解決していくプロセスが楽しい!

先輩の仕事紹介

誰かが喜ぶ姿を見たくてゲームの世界に。「面白かった!」という声が成長の源です

ゲームプランナー(ディレクター)
ゲームカレッジ 企画・シナリオ専攻/2017年3月卒
石黒 慧さん

この仕事の魅力・やりがい

ゲームプランナーとしてさまざまなゲーム制作に携わっています。仕事を進めていく中で、それまで分からなかったことや理解できなかったことを一つひとつ解決していくことに喜びを感じています。少しずつですが知識やスキルも身につき、やればやるほど自分が成長しているという実感がありますし、日々達成感もあります。自分が携わったゲームが世の中に出て、たくさんの人に楽しんでもらえることが何よりも嬉しいです!ゲームで遊んでくれた方の「面白かった!」という声をいただくとやりがいを感じますし、発売するまでの大変だった道のりも充実感へと変わり、「次も皆さんに楽しんでもらえるゲーム作を作ろう!」という気持ちになるんです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どもの頃からゲームは好きだったのですが、楽しそうにゲームをしている友だちの姿を見ているのも好きだったんです。おそらくその頃から自分の意識の中に、将来就職をするのなら“個人を高めるよりも誰かを楽しませたい”という気持ちがあったんだと思います。ゲームの世界に携わっていこうという考えも、自然の流れでした。ひとことで「ゲーム」といっても、プランナー、プログラマー、デザイナーなど、1つの作品を完成させるまでの関わり方はさまざまです。そこで、ゲームがどのように作られるのかを調べていった結果、自分はゲームの企画を立てたり、内容を考えるのが好きだということに気がついて、プランナーの道へ進むことに決めました。

面白いゲーム作りの要になる仕様書を作成中!

学校で学んだこと・学生時代

ゲームプランナーは、ゲームを制作する上で要となる大切なレイアウトやルールなどの策定や仕様書の作成が主な仕事。その仕様書や企画書の作成技術、CG加工技術などを学生時代にしっかりと学んだことが、現在の仕事に携わる上でとても役に立っています。ゲーム業界で現役で活躍するプロ講師に丁寧に指導して頂いたことはもちろん、チームでゲーム制作を行うことで問題を一つひとつ解決する力や、協調性も身につきました。実は、入学するまでパソコンを使ったことがなく、まったくゼロからのスタートだったんです。でも、少人数制の授業だったので、疑問や気になることはすぐその場で質問し、解決できたり、自分のペースで学ぶことができました。

プランナーとしては社内外での打ち合わせも大切な仕事

石黒 慧さん

株式会社ハ・ン・ド札幌スタジオ 勤務/ゲームカレッジ 企画・シナリオ専攻/2017年3月卒/「幼い頃からゲームが大好きでした」という石黒さん。そんな大好きなゲームで人を喜ばせたいとおもったことが、ゲーム業界を目指したきっかけなんだそう。ヒューマンアカデミーを卒業後、株式会社ハ・ン・ド札幌スタジオにゲームプランナーとして就職。現在は主にゲームの要となるルールやレイアウトなどの策定やそれを示す仕様書の作成を担当している。「プランナーとしてのキャリアはスタートしたばかり。覚えることもたくさんあります」と語る石黒さん。先輩からのアドバイスなど細かくメモをしながら、仕事を通じて日々勉強を重ねている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
総合学園ヒューマンアカデミー札幌校(その他教育機関/北海道)