• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • その他教育機関を探す
  • その他教育機関
  • 神奈川
  • 総合学園ヒューマンアカデミー横浜校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 古島 拓幸さん(ゲームカレッジ/ゲームCGデザイナー)

誰もができる仕事ではないからこそ、やりがいも大きい!

先輩の仕事紹介

ゲームに華を添えるのがエフェクトの仕事。「迫力」や「感動」を生み出せると嬉しい!

ゲームCGデザイナー
ゲームカレッジ/2016年卒
古島 拓幸さん

この仕事の魅力・やりがい

現在僕が携わっているのはコンシューマゲームのグラフィック。中でもゲームのカッコよさや感動のシーンに華を添える「エフェクト」を作るのが僕の仕事です。普段ゲームをやっていてもあまり意識はしないかもしれませんが、例えば必殺技を放つときの「カッコよさ」、その演出に一役買っているのがエフェクトです。エフェクトによって、技のカッコよさや迫力を生み出せたり、感動的なシーンを更に印象的なものにできたり・・・そんな、一風変わった見栄えに仕上げられると嬉しいですね。時には携わったゲームのCMをテレビで見かけたり、雑誌で見かけることも。たくさんの人の手に作品が渡っていることを実感すると、もっと頑張ろう!と思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校の頃、友人の影響でアニメやゲームに興味を持つように。当初はアニメに興味がありましたが、ヒューマンでオープンキャンパスに参加して、グラフィック全般に興味が湧いて、ゲームカレッジへ進学しました。入学するまではグラフィックソフトなどは全くの未経験。難しさもありましたが、それより、作っているものがだんだん形になる感じが楽しくて。学ぶこと全てが新しくて、新鮮に感じていました。現在の「エフェクト」に興味を持ったのも、ヒューマンでの授業がキッカケ。3DCGをメインで教えてくださっていた先生の授業で、映画のオープニングのエフェクトなどを見る機会があり、「かっこいいな、作りたいな」と思うようになったんです。

ヒューマンでの授業で「エフェクト」の面白さに開眼!

学校で学んだこと・学生時代

ヒューマンを選んだ理由の一つは、少人数で、質問がしやすいと考えたこと。実際入学すると、アットホームな雰囲気で、ゲームだけでなく他学科の先生にも質問しやすい環境でした。ゲーム業界で活躍する講師や卒業生も多く、卒業した先輩からアドバイスを貰える機会も。自分の作品を、実際に活躍しているプロに見てもらえる機会が数多くあったことは大きかったですね。僕も卒業したあと、学校にはよく足を運んでいます。後輩にアドバイスをしたり、ポートフォリオの制作を手伝うこともあるんですよ。他にも履歴書の書き方や面接指導があったり、先生からのアドバイスやインターンなど、就職サポートが充実していたことも、安心感につながりました。

学校に足を運び、後輩たちにアドバイスを送ることも

古島 拓幸さん

株式会社アクリア 勤務/ゲームカレッジ/2016年卒/高校時代からゲームやアニメに興味を持ち、しだいにゲームCGに興味を持つようになったという古島さん。ヒューマンアカデミーでゲームグラフィック制作を基礎から学び、現在は「株式会社アクリア」で、コンシューマゲームのグラフィック制作に携わっている。人気タイトルを手がける機会も多く、手応えややりがいを実感する毎日。「ゲーム分野にしっかりと軸足を置きながら、これからも成長を続けて行きたい。将来はゲームエフェクト以外にも幅広い分野を手がけられるクリエイターになりたいです!」と、これからの目標を語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
総合学園ヒューマンアカデミー横浜校(その他教育機関/神奈川)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路