• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 鳥取
  • 鳥取市医療看護専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 宮川 考芳先生(理学療法士)

鳥取県認可/専修学校/鳥取

トットリシイリョウカンゴセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

「患者さんを通して学ぶ」をモットーに教育している先生

理学療法士
理学療法士学科 3年制 
宮川 考芳先生
先生の取組み内容

理学療法の分野で私が得意としているのは、「脳血管障害に対する理学療法」と「高齢者の転倒・骨折」について。脳血管障害については、最新の研究では発生から早期に理学療法士が対処するかが重要視されています。また高齢者の転倒・骨折については、実際に転倒して骨折し、そこから寝たきりになるというデータもありますから、そうした最新の研究データも取り入れて学生達に指導しています。授業で大切にしているのは、進化する医学分野、理学療法分野に対応できるよう、自己研鑽能力、自己学習能力を育てること。そのため理学療法を学ぶための基礎、学び方も丁寧に指導していますね。手始めとしてノートの取り方・まとめ方から教え、グループワークも行っています。これにより自学自習できる力を身につければ、難しい医学の理解も深まりますからね。

1年次に自分の意志で学び、学びを継続する力を授業で育み、2年次、3年次の学びにつなげる

授業・ゼミの雰囲気

先生自らが患者役となり、指導するロールプレイング形式の授業で理学療法の知識が深く身につく

2年次から始まる医療現場での臨床実習に向けて、宮川先生をはじめとした各学科の先生達が行っているのがロールプレイング形式の授業。理学療法士学科では「理学療法技術論」の授業で、医療現場での経験豊富な先生が患者さん役になり、いろんな症例の患者さんを演じ、学生が理学療法の実践を行うスタイルで学べます。「患者さんを通して学ぶ理学療法士になってほしいという思いを私は持っています。人と接する中でいろいろ学んでください!」とメッセージをいただきました。

医療現場での経験豊富な先生から、あらゆる症例の患者さんの対処法が実践形式で学べる授業

キミへのメッセージ

理学療法士になるには、行動する力とチャレンジする心が大切です!

よく高校生から理学療法士になるには、スポーツをしていないとダメですか? 文系出身だから無理ですか?という声を聞きます。そんなことは決してありません。学校で学べば理学療法士になれますからチャレンジを!

「患者さんこそ師」をポリシーに患者さんの目線からの情報を学生達に日々伝え、熱く指導に当たっている。

宮川 考芳先生

専門:理学療法
医療機関において理学療法士として臨床に10年間携わりながら、大学院にて「転倒・骨折のメカニズム」を研究対象とし、理学療法の発展に取り組んだ。その後、専門学校で、医療の将来を担う理学療法士の指導に10年間携わり、2015年から鳥取市医療看護専門学校の理学療法士学科学科長として活躍。書籍の執筆(共同執筆)にも関わり、医療・福祉業界の発展や社会貢献につながる情報発信にも力を入れている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

鳥取市医療看護専門学校(専修学校/鳥取)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路