• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪キャリナリー製菓調理専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 北庄司 安則先生(調理師・日本料理・和食)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカキャリナリーセイカチョウリセンモンガッコウ

(2023年4月 大阪農業園芸・食テクノロジー専門学校へ校名変更予定)(認可申請中)

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

こんな先生・教授から学べます

日本が世界に誇る和食と伝統技術を伝える先生

調理師・日本料理・和食
食&マネジメント科(3年制) 
北庄司 安則先生
先生の取組み内容

日本料理は、少しでも手を抜けば、すぐに味に現れる繊細で奥深いもの。私の授業では、包丁研ぎから調理はもちろん、道具を大事にする、片付けを丁寧にするなど、プロの料理人としての基本も指導しています。また私が働くホテルでも扱っている京野菜など、良質な食材も実習で使用し、学生の内に本物の食材を知ってもらい、見る目を磨けるようにしていますね。
「食」は、人にとって不可欠なものであり、美味しい料理はその人の人生を幸せに、心豊かにするものでもあります。今では世界中の人から日本料理・和食は注目され、親しまれるようになりました。学生のみなさんには、私の授業を通して、日本が世界に誇る日本料理の知識と技術を身につけ、さらに人の口に入る料理をつくるプロとしての責任感や料理を楽しむ心を養ってほしいと思います。

「料理を楽しむ」「食べるを楽しむ」。そんな料理人になってほしいという思いを持ち学生と向き合う先生

授業・ゼミの雰囲気

日本料理の基本の調理法と高度な包丁技術を実践的に学ぶ「日本料理実習」

北庄司先生の「日本料理実習」では、日本料理の基本である五色・五味・五法を実際に調理することを通して学んでいきます。包丁技術や調理の応用力、食材の火の入れ方も、先生が目の前で実践しながら学べるのは魅力です。「これからの料理人は、食品ロスを少なくすること、また自分の店を持つ人には、ある素材をいかに有効的に使うか、コストの感覚も大事ですから、調理方法以外のことも伝えています」と先生。変化する業界や学生の将来を考えて、料理人として35年以上活躍する中で得た知識を惜しみなく学生に伝えておられます。

農家さんなど、料理に不可欠な食材をつくってくれる人達への感謝の気持ちを持つことの大切さも伝える先生

キミへのメッセージ

あなたの料理人になる夢を大切に、私たちが親身になって指導します!

みなさんには、四季折々・行事によって変化する日本料理とその基礎を本校でしっかり学んでいただき、そこから自分の感性やセンスも磨いて、オリジナルな料理をつくり、人を楽しませる料理人になってほしいです。

「先生と学生の距離が近い環境で、私も学生一人ひとりの考えや将来の夢と向き合っています」と先生

北庄司 安則先生

専門:日本料理実習
京都の老舗京料理店で修業後、東京、広島、神戸の名店で腕を振るう。2014年には京都府優秀技能者表彰「京都府の現代の名工」を受賞し、総料理長に就任。2017年に開かれた食博覧会では、「厚生労働大臣賞」を受賞した。輝かしい経歴と身につけた技術、日本料理の心を学生たちに惜しみなく伝える。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪キャリナリー製菓調理専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT