• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 神戸元町こども専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山本 里奈さん(こども総合学科/保育士)

保育士は、相手を思いやる気持ちが欠かせない仕事

先輩の仕事紹介

保育士という職業は、私にとって「一生成長しながら続けていきたい仕事」です

保育士
こども総合学科 こども心理コース/2019年3月卒
山本 里奈さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

小さなこどもは、日々「できること」が増えていきます。たとえば昨日までは歩行ができなかったこどもが今日は歩けるようになったり、食べられなかったものが食べられるようになったり。0歳児から5歳児までをお預かりする保育園には、こどもの成長を直に感じることができる瞬間が本当にたくさんあります。また、こども達は良いことにも悪いことにも素直に反応するので、安心感や心地よさを感じてくれたことが実感できると、本当に嬉しいですし、同時に保育士としての自分の成長も実感できます。今後の目標は保育の質をもっともっと高めること。そのうえでゆくゆくは他園でも経験を積みたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともとこどもが好きだったのですが、中学2年のとき職場体験で乳幼児と関わる機会があったんです。職場体験そのものがとても楽しかったと同時に、就学前の乳幼児期というのは、こどもが成長・発達する過程においてとても大切な時期であることを教わり、仕事として興味を持つようになりました。神戸元町こども専門学校を選んだのは、当時できたばかりで校舎が新しく、どこもキレイで素晴らしい学びの環境が整っていたことや、コースによっては短期大学の卒業資格も取得できることなどが決め手でした。2年間保育の基礎を選んだのち、自分の目標に合わせてコース選択ができるカリキュラムも魅力でした。

求められ、信頼される保育士として成長したい

学校で学んだこと・学生時代

私はピアノがとても苦手だったのですが、いつも先生方は学生のスキルに合わせて手厚い指導をしてくださり、また少しでも上達するとほめて伸ばしてくださいました。また担任の先生との距離がとても近くて、何でも相談できる環境でした。1人ひとりの学生を決して見放すことなく、最後まで信じ、見守ってくださいました。就職活動の際のサポートも忘れることができません。面接では、言葉の言い回しや敬語の使い方がうまくいかず悩んでいましたが、先生方が親身になって練習につきあってくださったおかげで、無事自分に合う保育園に入職することができました。

学生時代の学びはすべて仕事に活かされています

山本 里奈さん

ぽけっとランド赤羽保育園 勤務/こども総合学科 こども心理コース/2019年3月卒/保育とはどういうものなのかといった理論から、現場で欠かせない、手遊び・制作・ピアノなどの専門的なスキルを幅広く身につけることができたと語る山本さん。「社会人として欠かせない人間性、感謝の気持ちを持つことの大切さも学びました」と充実した学生生活を振り返る。卒業後は、三幸学園グループが運営する「ぽけっとランド赤羽保育園」に入職し、現在保育士として活躍中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸元町こども専門学校(専修学校/兵庫)
RECRUIT