• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • JCHO横浜中央病院附属看護専門学校

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ジェイコーヨコハマチュウオウビョウインフゾクカンゴセンモンガッコウ

JCHOグループが支援。「自信と勇気」「信頼と共感」を兼ね備えた看護師を目指そう!

保健・医療・福祉の担い手としての社会的使命を基盤に、看護に関する幅広い能力と豊かな人間性をもち、自信と勇気をそなえた看護実践者であり、地域社会に貢献できる有能な人材を育成します。

JCHO横浜中央病院附属看護専門学校の特長

学校の特長1

1年次からの国家試験対策で今の自分をしっかりと確認。合格に向けた対策環境が万全

看護学科では、看護師として必要な基礎的知識や技術を習得し科学的思考力と判断力を身につけることを目指しています。そのために、さまざまな臨地実習を通じて実践力を養い、地域医療の担い手として活躍できる人材を育成します。また、看護師<国>を取得するためのサポートも万全。1年次から国家試験対策の授業を設け、今の自分の成績をしっかりと把握し、試験合格に向けて苦手分野を克服するなど、学校・教員が学生一人ひとりを丁寧にフォローしていきます。

学校の特長2

看護師としての心構えを新たにする「戴帽式」を経て、病院での実習に臨みます

戴帽式とは、看護師のシンボルとしてのキャップ、灯火を用いて、看護の灯を受け継ぎ、参列者を後見人として看護の道に精進することを誓う儀式です。現在では、多くの医療機関で看護師はナースキャップを着けておりませんが、この戴帽式でナースキャップを身につけることで、看護職に従事する者としての気持ちを新たにしてほしいとの願いをこめています。本校では、看護学校に入学し、抽象的な憧れや不安から進むべき方向を確信し、取り組もうとするセレモニーとして戴帽式を位置づけています。

学校の特長3

快適な学生生活を送ることのできる学生寮。多目的に使われる講堂・実習室もあります

学校の敷地内に学生寮があります。他県からの学生も多いので、学年の半分くらいは寮生ということも。バス・トイレ、ミニキッチン付きの完全個室(1Kマンションタイプ)で、学習机や書籍、キッチン、エアコンも完備されています。また、寮生が集い、親睦をはかれるミーティングルームもあります。また学内の施設も充実。通常は体育の授業や、クラブ活動など体育館として使っている講堂には、可動式階段席やステージを完備しており、すべての式典行事を学内で執り行っています。県内有数の規模を持つ実習室は、ベッド20床をはじめ、在宅看護シミュレーションルームなど、幅広い領域に対応した設備が整っています。

右へ
左へ
学校の特長1

1年次からの国家試験対策で今の自分をしっかりと確認。合格に向けた対策環境が万全

看護学科では、看護師として必要な基礎的知識や技術を習得し科学的思考力と判断力を身につけることを目指しています。そのために、さまざまな臨地実習を通じて実践力を養い、地域医療の担い手として活躍できる人材を育成します。また、看護師<国>を取得するためのサポートも万全。1年次から国家試験対策の授業を設け、今の自分の成績をしっかりと把握し、試験合格に向けて苦手分野を克服するなど、学校・教員が学生一人ひとりを丁寧にフォローしていきます。

学校の特長2

看護師としての心構えを新たにする「戴帽式」を経て、病院での実習に臨みます

戴帽式とは、看護師のシンボルとしてのキャップ、灯火を用いて、看護の灯を受け継ぎ、参列者を後見人として看護の道に精進することを誓う儀式です。現在では、多くの医療機関で看護師はナースキャップを着けておりませんが、この戴帽式でナースキャップを身につけることで、看護職に従事する者としての気持ちを新たにしてほしいとの願いをこめています。本校では、看護学校に入学し、抽象的な憧れや不安から進むべき方向を確信し、取り組もうとするセレモニーとして戴帽式を位置づけています。

学校の特長3

快適な学生生活を送ることのできる学生寮。多目的に使われる講堂・実習室もあります

学校の敷地内に学生寮があります。他県からの学生も多いので、学年の半分くらいは寮生ということも。バス・トイレ、ミニキッチン付きの完全個室(1Kマンションタイプ)で、学習机や書籍、キッチン、エアコンも完備されています。また、寮生が集い、親睦をはかれるミーティングルームもあります。また学内の施設も充実。通常は体育の授業や、クラブ活動など体育館として使っている講堂には、可動式階段席やステージを完備しており、すべての式典行事を学内で執り行っています。県内有数の規模を持つ実習室は、ベッド20床をはじめ、在宅看護シミュレーションルームなど、幅広い領域に対応した設備が整っています。

右へ
左へ
学校の特長1

1年次からの国家試験対策で今の自分をしっかりと確認。合格に向けた対策環境が万全

看護学科では、看護師として必要な基礎的知識や技術を習得し科学的思考力と判断力を身につけることを目指しています。そのために、さまざまな臨地実習を通じて実践力を養い、地域医療の担い手として活躍できる人材を育成します。また、看護師<国>を取得するためのサポートも万全。1年次から国家試験対策の授業を設け、今の自分の成績をしっかりと把握し、試験合格に向けて苦手分野を克服するなど、学校・教員が学生一人ひとりを丁寧にフォローしていきます。

学校の特長2

看護師としての心構えを新たにする「戴帽式」を経て、病院での実習に臨みます

戴帽式とは、看護師のシンボルとしてのキャップ、灯火を用いて、看護の灯を受け継ぎ、参列者を後見人として看護の道に精進することを誓う儀式です。現在では、多くの医療機関で看護師はナースキャップを着けておりませんが、この戴帽式でナースキャップを身につけることで、看護職に従事する者としての気持ちを新たにしてほしいとの願いをこめています。本校では、看護学校に入学し、抽象的な憧れや不安から進むべき方向を確信し、取り組もうとするセレモニーとして戴帽式を位置づけています。

学校の特長3

快適な学生生活を送ることのできる学生寮。多目的に使われる講堂・実習室もあります

学校の敷地内に学生寮があります。他県からの学生も多いので、学年の半分くらいは寮生ということも。バス・トイレ、ミニキッチン付きの完全個室(1Kマンションタイプ)で、学習机や書籍、キッチン、エアコンも完備されています。また、寮生が集い、親睦をはかれるミーティングルームもあります。また学内の施設も充実。通常は体育の授業や、クラブ活動など体育館として使っている講堂には、可動式階段席やステージを完備しており、すべての式典行事を学内で執り行っています。県内有数の規模を持つ実習室は、ベッド20床をはじめ、在宅看護シミュレーションルームなど、幅広い領域に対応した設備が整っています。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

★オープンスクール★

看護士を目指したい!という方にピッタリのイベントになっていますのでぜひ参加してみてください! 【…

続きを見る

JCHO横浜中央病院附属看護専門学校の学部・学科・コース

キャンパスライフレポート

詳細を見る

看護科

落合 真子さん

患者さんの言葉や態度から思いを汲み取る看護師を目指します!

学費(初年度納入金)

【初年度納入金 2017年度】81万円
(諸経費・教科書代・ユニフォーム代(約16万円)などが別途必要)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数58名
就職希望者数58名
就職者数58名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)
実習病院であるJCHO横浜中央病院、JCHO相模野病院、JCHO横浜保土ヶ谷中央病院、JCHO湯河原病院をはじめ、全国57箇所のJCHO関連病院などで活躍しています

就職支援

JCHOグループの経済的・実務的な支援により、看護師への夢の実現をバックアップ!

本校では、担当教員が授業だけでなく、就職面でも学生をフォロー。学生一人ひとりの個性や学習進度を把握しているので、いつでもどこでも適切なアドバイスを行える体制を整えています。また、JCHOグループ独自の奨学金(3年間の貸与)を採用しているので、学費面での心配も軽減され、安心して看護師としての就職を目指せます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

JCHO横浜中央病院附属看護専門学校

〒232-0033 神奈川県横浜市南区中村町3-209-1
TEL:045-262-4580

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市南区中村町3-209-1 京浜急行線「黄金町」駅より徒歩15分
横浜市営地下鉄線ブルーライン「阪東橋」駅より徒歩10分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
パンフレット一式
JCHO横浜中央病院附属看護専門学校(専修学校/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる