• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本ウェルネススポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田島 伸悟さん(アスレティックトレーナー科/アスレティックトレーナー)

東京都認可/専修学校/東京

ニホンウェルネススポーツセンモンガッコウ

「ありがとう」の言葉が一番の励みになります!

先輩の仕事紹介

スポーツ選手をサポートし、やがて世界で活躍するまでになれるよう、共に成長したい

アスレティックトレーナー
アスレティックトレーナー科/2015年卒
田島 伸悟さん

この仕事の魅力・やりがい

提携先のスポーツクラブや実業団チームで、アスレティックトレーナーとして活動しています。他にも、パーソナルトレーナーとして個人のお宅に伺ったり、子ども向けの運動指導や高齢者の体力づくりなど、スポーツに関わる活動を幅広く行っています。この仕事は、対象がどんな方であっても、コミュニケーションを重ね信頼関係を築くことが大切。その上で細かな計画をたて課題をクリアし、やがて目標が達成され喜びを分かち合うことが、何より嬉しいです。特にスポーツ選手の場合、好成績が出ると自分のことのように嬉しくなります。ケガなど深刻な問題を抱えた状況の中、選手と二人三脚で頑張り苦労を重ね得た結果なので、感動もひとしおです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学の頃から陸上部に所属し、短距離走を専門に取り組んでいました。しかし高2の時に肉離れをし、長く悩まされるように。そのリハビリ中に、アスレティックトレーナーという職業を知りました。アスレティックトレーナーは、ケガをする前と同じ「アスリートの体」に戻れるよう、プログラムを考えてくれる人です。ケガを克服するための体づくりはもちろん、メンタル面も考慮し寄り添ってくれる、一番の理解者だと感じました。この経験をきっかけに、アスレティックトレーナーに興味を持つようになりました。また、体に無理をして故障してしまったという自分自身の経験も、仕事をするうえで活かせると考えました。

スポーツ選手の人柄や生活にまで考慮し指導しています

学校で学んだこと・学生時代

日本ウェルネス高校の時の先生は輝かしい実績を持つ方が多く、日本ウェルネススポーツ専門学校でも指導されていたことから、入学を決めました。在学中は、現役でアスレティックトレーナーに合格することをめざし、陸上部とアルバイトも両立しながら勉強に励みました。直接スポーツに関係する分野は学んでいて楽しかったのですが、聞いたこともない医学用語を覚えるのには苦労しました。それでも段々と理解できる範囲が広くなり、最後の方は勉強が楽しかったです。また、経験豊富な先生方の指導は、アスリートだった自分にとって得るものが多く、当時のノートは今でも宝。仕事だけでなく、週1回母校で教鞭を執り指導する際にも役立っています。

プログラムを作成中。デスクワークも意外と多いです

これからかなえたい夢・目標

アスレティックトレーナーになってすぐの頃、日本ウェルネススポーツ専門学校陸上部の先輩である杉町マハウ選手に誘われ、3週間のヨーロッパ遠征に帯同。トップアスリートが集う会場で目にしたのは、海外のトレーナーのレベルの高さ。食事管理などの体のメンテナンスはもちろん、移動やスケジュール管理といったマネジメントも請け負い、チームの雰囲気づくりにまで配慮する徹底ぶりで、それを可能にしているコミュニケーション能力の高さに驚きました。この経験から、いつか海外で活躍するトップアスリートをサポートをしたいと思うように。理想は無名の選手と共に成長し世界をめざすこと。夢を叶えるため、今は沢山経験を積みたいと思います。

母校では解剖学やコンディショニングを指導しています

田島 伸悟さん

株式会社StrongBonds/アスレティックトレーナー科/2015年卒/日本ウェルネススポーツ専門学校在籍時にアスレティックトレーナーの資格を取得し、陸上でも好成績を収めていたことから、卒業時には成績優秀者として「理事長賞」を受賞。現在はラグビー日本代表選手が在籍する実業団ラグビーのチームに関わるなど、「海外で活躍するトップアスリートをサポートする」という夢が、徐々に形になってきている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
日本ウェルネススポーツ専門学校(専修学校/東京)