• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校アテネ・フランセ
  • 好奇心の授業一覧
  • 英語が話せれば国際人?いえいえ違います。本当の国際人になるために必要なのは?

東京都認可/専修学校/東京

センモンガッコウアテネ・フランセ

好奇心の授業

世界の国&ことば
英語が話せれば国際人?いえいえ違います。本当の国際人になるために必要なのは?
テーマphoto
真の国際人としてグローバル社会での活躍を目指します
将来は英語を使いこなせる人材に。でも話せれば十分?
街で外国人観光客に話しかけられ、スムーズに道案内ができる。また海外旅行へ行った際に、ホテルのスタッフやタクシーの運転手と気軽に英語でやりとりする。さらには、外国人と英語で仕事をする。そんな英語を使いこなせる将来を夢見る人は多いのではないでしょうか。

そのためには何が必要か。ネイティブスピーカーと会話の練習を重ね、日常的に使える表現を覚えることも大切ですが、それでは「英会話の勉強」で終わってしまいます。ただ英語が話せるだけでは「グローバル社会で活躍する国際人」とは言えません。
語学の習得に必要な4技能。加えて、背景にある文化や歴史にも注目
「外国語を習得する」ためには、話す・聴く・読む・書くの4技能をバランスよく学ぶことが最も重要です。1つの技能を高めるだけでは、語学の習得には不十分。例えば、話せるようになるには、多くの音声を聴き、多くの文章を読み、書くことを地道に継続することが、会話の練習に加えて必要なのです。

さらに、その過程で、表面的な技術の向上だけを目指すのではなく、その言語の背景にある文化や歴史などにも着目し、十分に理解を深めることも必要です。そして、その外国語が使われる世界でのロジックを習得し、それを使いこなすことで、より円滑なコミュニケーションができるようになります。
自分を語る言葉を持ち、グローバル社会で通用する日本人に
現在のグローバル化した社会で活躍するには、英語を使いこなすことが必須ですが、それだけでは不十分。自分のことを知り、確立した個人として英語で自分のことを語ることができ、さらに自分の文化のことを外国語で外国人にわかるように説明できることができてはじめて、英語を使える「国際人」といえるのではないでしょうか。
これって実は・・・語学(外国語)
学べるのは、ココ!
専門学校アテネ・フランセ 英語学科 
photo
本校の「英語学科」では、このような観点から、さまざまな教材を用いて多角的な授業を推進しています。語彙を増やすトレーニングをベースにして、リーディングやリスニングに多くの時間をかけ、同時にスピーキングとライティングによる積極的なアウトプットの機会を数多く用意。総合英語の授業では、幅広い教材を用いて、話す・聴く・読む・書くの4技能をバランスよく学ぶとともに、英語で歴史やアートを学ぶ授業もあります。

専門学校アテネ・フランセ(専修学校/東京)