• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院

愛知県認可/専修学校/愛知

コクリツビョウインキコウ ヒガシナゴヤビョウインフゾクリハビリテーションガクイン

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の風景

グループ活動を通じ、コミュニケーションを磨き、チーム医療の一翼を担う人材を育成

国内唯一の国立病院機構附属のリハビリテーション養成施設として、確かな知識・高い技術・豊かな人間性を備えた人材を育成。豊富な実習により、知識を確かなものにし、即戦力を養います。

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長1

病院の附属養成機関として、現場に近い環境での学びが充実

病院の附属養成機関としての特徴から、早期から病院見学を取り入れた授業や、病院の職員からの講義を実施するなど、知識と実践を統合することで、効率的に学びを深めることができます。また、言語療法部門や薬剤科、放射線科など、自分の専門分野以外の医療現場に触れる機会もあり、チーム医療を学ぶ環境が充実しています。

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長2

国立病院機構への輩出を使命に、チーム医療の一翼を担う人材を育成

母体である、国立病院機構への輩出を使命に、グループ活動を重視した教育体制を導入。グループワークを通じてコミュニケーション力を磨き、チーム医療の一翼を担う人材を育成します。また、国立病院への就職を想定した教育内容により、難病などに対する知識も身につけることができ、高度なスキルを備え、広い領域に対応できるリハビリのプロとしての活躍をめざします。

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長3

全国唯一の国立病院機構附属養成機関

昭和38年、国立療養所東京病院に日本初の養成校(専門学校)として開校されたのを皮きりとし、昭和54年、国立病院・療養所附属養成機関としては4番目に、東海地方初の養成校として開設されました。 昭和57年までに国立病院・療養所附属のリハ学院は9校が設置されましたが、平成15年12月に国立病院・療養所附属養成施設の再編成により当学院を除いて閉校が決定され、現在では、当学院が国立病院機構内に唯一存続する養成施設となり、平成20年度には創立30周年を迎え、記念行事が催され、平成31年1月には創立40周年記念事業が予定されています。

右へ
左へ
国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長1

病院の附属養成機関として、現場に近い環境での学びが充実

病院の附属養成機関としての特徴から、早期から病院見学を取り入れた授業や、病院の職員からの講義を実施するなど、知識と実践を統合することで、効率的に学びを深めることができます。また、言語療法部門や薬剤科、放射線科など、自分の専門分野以外の医療現場に触れる機会もあり、チーム医療を学ぶ環境が充実しています。

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長2

国立病院機構への輩出を使命に、チーム医療の一翼を担う人材を育成

母体である、国立病院機構への輩出を使命に、グループ活動を重視した教育体制を導入。グループワークを通じてコミュニケーション力を磨き、チーム医療の一翼を担う人材を育成します。また、国立病院への就職を想定した教育内容により、難病などに対する知識も身につけることができ、高度なスキルを備え、広い領域に対応できるリハビリのプロとしての活躍をめざします。

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長3

全国唯一の国立病院機構附属養成機関

昭和38年、国立療養所東京病院に日本初の養成校(専門学校)として開校されたのを皮きりとし、昭和54年、国立病院・療養所附属養成機関としては4番目に、東海地方初の養成校として開設されました。 昭和57年までに国立病院・療養所附属のリハ学院は9校が設置されましたが、平成15年12月に国立病院・療養所附属養成施設の再編成により当学院を除いて閉校が決定され、現在では、当学院が国立病院機構内に唯一存続する養成施設となり、平成20年度には創立30周年を迎え、記念行事が催され、平成31年1月には創立40周年記念事業が予定されています。

右へ
左へ
国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長1

病院の附属養成機関として、現場に近い環境での学びが充実

病院の附属養成機関としての特徴から、早期から病院見学を取り入れた授業や、病院の職員からの講義を実施するなど、知識と実践を統合することで、効率的に学びを深めることができます。また、言語療法部門や薬剤科、放射線科など、自分の専門分野以外の医療現場に触れる機会もあり、チーム医療を学ぶ環境が充実しています。

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長2

国立病院機構への輩出を使命に、チーム医療の一翼を担う人材を育成

母体である、国立病院機構への輩出を使命に、グループ活動を重視した教育体制を導入。グループワークを通じてコミュニケーション力を磨き、チーム医療の一翼を担う人材を育成します。また、国立病院への就職を想定した教育内容により、難病などに対する知識も身につけることができ、高度なスキルを備え、広い領域に対応できるリハビリのプロとしての活躍をめざします。

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の特長3

全国唯一の国立病院機構附属養成機関

昭和38年、国立療養所東京病院に日本初の養成校(専門学校)として開校されたのを皮きりとし、昭和54年、国立病院・療養所附属養成機関としては4番目に、東海地方初の養成校として開設されました。 昭和57年までに国立病院・療養所附属のリハ学院は9校が設置されましたが、平成15年12月に国立病院・療養所附属養成施設の再編成により当学院を除いて閉校が決定され、現在では、当学院が国立病院機構内に唯一存続する養成施設となり、平成20年度には創立30周年を迎え、記念行事が催され、平成31年1月には創立40周年記念事業が予定されています。

右へ
左へ

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の学部・学科・コース

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の学費(初年度納入金)

2019年度納入金  理学療法学科・作業療法学科/108万8000円
(入学金39万円含)

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の就職・資格

卒業後の進路データ (2018年3月卒業生実績)

卒業者数35名
就職希望者数35名
就職者数35名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

確かな知識と高度な技術を兼ね備え、全国の医療機関へ

母体である東名古屋病院をはじめ、全国の国立病院機構、民間の医療機関やリハビリテーション施設、高齢者施設など、幅広い医療現場での活躍を応援。卒業後のフォローとして、研修プログラムも展開しており、現場に出てからも支援を続けます。

国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院の問い合わせ先・所在地・アクセス

本校

〒465-8620 愛知県名古屋市名東区梅森坂5-101
TEL:052-801-1157 (代表)

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市名東区梅森坂5-101 地下鉄東山線「星ケ丘(愛知県)」駅下車。市バス「梅森荘」又は「東名古屋病院」行き、「東名古屋病院」(約18分)下車、徒歩約5分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
入学ガイド+募集要項+願書
無料
入学ガイド+募集要項
国立病院機構 東名古屋病院附属リハビリテーション学院(専修学校/愛知)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路